2007年08月09日

最近。。。

会社で、いかに社員のモラルを向上・維持させるか

みたいなことを考え続けている。訳あって。


そんな中で、社員という枠を超え広く一般に、
やっぱり法だ制度だと言う前に、
人間として、最低限、守るべき
「道」「心」「規範」
みたいなものは、あるよね、
という方向に関心が流れてきている。


法、法曹界、その周囲の諸々とか、
すごくありがたい存在だと思うこともあれば、
それが本当に正義なのか、正しいのか、真理なのか、
首をかしげたくなることも、たまにある。


例えば、「法治国家だから、法が全てだ」というのは、
論理的に正しいとは思う。

じゃあ論理的に正しければ絶対なの?
「法治国家でも、法が全てではないと思う」
とか言ったら、矛盾だとか言って怒られるのかな?


私が特にそういう発想に陥るのは、
身近な経験の影響が極めて大きいのだと思う。


ここにあるレターを見て、
http://www.ll.em-net.ne.jp/~deguchi/news/2006/1130.htm
やっぱり、憤りとか、遣る瀬無さとか、
下手すると世の中に対する絶望とか、
そういうのを思ってしまう。


毎日は、平和そうに、無情なほどに穏やかに、流れていくけど。
posted by charles'wain at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50832668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。