2007年07月24日

本の説明と読書録

前回、読書感想文もどきのものを無責任に載せながら、
きちんと説明していなくって、すみません。

正確に言うと、
『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか 』
杉山春、小学館、2004年
という書籍。



他にも、これが良かった!と言う本でも挙げてみたいけど、
最近、実用書ばかりで、全然書物を読む機会がなくって。

実用書というのは、
幼児食入門であったり、重曹生活入門であったりするわけで。


昔好きだった本を今読んだらどんな印象だろう?と、
最近になって、読み返したり、
わざわざ古本を取り寄せたりしたものを、
いくつか列挙してみる。ついでなので。
どれも短めで読みやすいものばかりに偏ってしまった。
時間の制約上、致し方なし。

内田義彦『読書と社会科学』
アラン・フィンケルクロート『思考の敗北あるいは文化のパラドクス』
亀井勝一郎編『武者小路実篤詩集』
三浦綾子『新約聖書入門』
W.E.B.デュボイス『黒人のたましい』

そして、結論から言うと、
読み返してみたけど、やっぱりどれも好きだった(笑)
なぁんだ。変わってないんじゃん、自分。


最近むしょうにファノンやレヴィ・ストロースを気の向くままに
読み直したい‥という衝動が起こっているのだけれども、
チビちゃんの相手に追われる毎日、
そんな余裕がどこにあるんだ!!!

数年先までお預けかな。
posted by charles'wain at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49106415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。