2007年06月14日

今の環境がお気に入りの理由

”成果主義の弊害”みたいなことは、ちらほら、言われる。

もちろん、成果主義のメリットはたくさんある。

でもやっぱり、成果主義のエッセンスの捉え方が不十分なとき、
短期的視点、個人的視点に偏りがちになるという指摘は、
あながち間違っていない。

それに加えて、最近思うことは、数値目標やその他、
「可視化」のスローガンのもと、分かりやすくて都合の良い
数字ばかり利用されるような気がする。

また、文脈や行間といった類のものが、悉く切り捨てられる。
合理化と効率化の名の下に。
だから、ヘタに物事の本質を見抜いたり指摘したりする人が、
真っ当な意見を言うほど居心地が悪くなるようなことすらある。
数値にばかり拘るものだから、どうしたって、
「質より量」みたいな方向に流れてしまう。
それこそ、内容が空疎になる、おざなりになるのも尤もだ。

成果主義的なるもの。
それは、感性の乏しい人種の台頭を助長するものでもある。

とにかく、物事の本質に切り込むような真面目な意見を
面倒に思うような風潮の蔓延は嫌だし、
社内の風当たりが強くても、出世とは無関係でも、
そういう真っ直ぐな主張を持つ人は、絶対存在していて欲しい。


それに、それこそシャンタルムフじゃないけど、
何か集団主義的な要素が残存するということも悪くない。
確固たる”個人主義と自由”ってどこか疑わしい。
たとえがあまり良くないんだけど、訳もなく、
自分の会社に愛着を感じるとか、
自分と同じ会社に勤める人に親近感を覚えるとか。
少なくともカイシャと言う舞台の上で”成果”とパイを奪い合う
個人同士の戦いみたいになってしまう空気は苦手なのだ。

何がいいたいかというと。
今の部署には、なぜか、そういう意味で、
「成果主義的なるもの」とは別路線の、
まだまだ”熱い”人が実はたくさんいるように思えるのだ。
だから好きなんだと思う。
posted by charles'wain at 23:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。