2006年10月08日

bye bye !

大学時代にアメリカの思想や文化を主に学んでいて、
よく civil とか civic という概念をテーマにした。

こういう話をするとき、決まって、
でも日本にはこういう公共的概念は、
極めて希薄か、若しくは全然無い、
そういう感じがすると言う人が多かった記憶が‥。


国立駅舎の解体が決まった。

国立の駅舎は誰のもの?

国立の街は誰のもの?

国立の美しい光景は誰のもの?



もう少し、阻止する手立てもあったんじゃないかなー、
市やその他関係団体も、もう少しうまい主張や
動き方があったんじゃないかなー、
なんて思わないこともなくて、残念。

それよりも、この一連の動きを見ていて、
その中の諸々の発言を見ていて、
経済や効率の観点で「つべこべ言うな」的な意見が
多かったことにも、結構驚いた。

抽象的な価値、換金できない価値は、
特に現代人、若い世代にとっては、
あまり重要ではないのかなーということを改めて感じた。


よく、欧米は個人主義だと引き合いに出されるけど、
ああいうところは宗教だなんだと、それなりにコミュニティもあって、
地域の意識もあるような気がする。
日本はあいまいな集団主義に自分勝手路線の強い個人主義を
都合よく取り入れた様な雰囲気の上、経済合理主義も根強いから、
ホント、公共とかコミュニティとか言葉が馴染み難いのかな‥。


という何だか要領を得ないもやもや愚痴はさておき‥。


国立市主催のお別れ見学会&撮影会に参加したので、
記念写真をまとめてアップ。

晴れ

お昼間。
抜けるような快晴が印象的。

1007hiru1.JPG 1007hiru2.JPG

4年近く国立に一人暮らしして、
それ以前もかなりお世話になっていた駅なのに、
ロータリーど真ん中に足を踏み入れたのは初めて‥。

ロータリーの中心の時計台を記念に下から写して、
そこから真正面の駅舎をのぞんだもの。

1007center1.JPG 1007center2.JPG


★★★★★

最後の記念にと、ちょうど駅舎が見える喫茶店で
コーヒーと共にその景色を味わってみたり‥。

1007fromshop.JPG


★★★★★

柱には古いレールが使われているんだそうな。
お役人の説明を聞きながら、
みんなパシャパシャ記念撮影をしていた。

1007hashira.JPG


★★★★★

半円アーチ窓は、中から見るとこんな感じ。

1007mado.JPG 


★★★★★

良く見ると、「みどりの窓口」の表示にも、
独特の三角屋根のイメージが使われていた。
国立駅ならでは。

1007madoguchi.JPG 


★★★★★

見学会のために、まだ明るい空の下でのライトアップ。

1007lightup1.JPG 1007lightup2.JPG

最後の最後に、帰りの電車を待つホームから。

1007home.JPG

******************

モバQ

ママが青春時代の思い出に浸っている間、
ベビーちゃんは大好きパパと一緒にお留守番。

cokey10071.JPG cokey10072.JPG

パパが新たに購入してくれたプレイマットの上で
じっくりお昼寝した後、マットの跡がくっきり。
それはそれで愛らしい‥。

1007ato.JPG
posted by charles'wain at 01:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一昨日が最終日なんだっけ?
旅行に出てて、結局見に行けなかったよ。

寂しいもんだねー。
秋冬は都心よりもひんやりすることが
多かった国立。
大学通りは紅葉も始まってて、
焼き芋屋さんも来てるんじゃまいか。
キャンパスは銀杏のにほひ漂ってんだろな。

懐かしいのぉ。
いま走馬灯が全速で回転した(笑)。

小平校舎が亡くなるときも
寂しかったなぁ。
Posted by LunLun at 2006年10月10日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ありがとう、そしてまた会おう! 国立駅舎
Excerpt: この連休は、国立駅の事でつぶれちゃいそ〜ですけど、いいんです。。。 まずは、昨日作ったページにアップし損ねた、いっつも大学通りで国立駅の絵を書き続けていた方。明日からは、ビニールに覆われた駅を書..
Weblog: TOKIOで遊ぶ
Tracked: 2006-10-10 23:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。