2006年08月22日

あいさつ

今日は障害者福祉論の授業で、
担当の講師が、教室に入ってくるなり、
冒頭の挨拶を手話で行って、
うわー、久しぶり!と
何だか懐かしい感じがした。

ドコモポイント

さすがに、挨拶程度の手話はもう忘れないけど、
せっかく覚えてきた日常会話も
使っていないうちにだいぶ忘れてきちゃったかも‥。

でも、手話でコミュニケーションするときって、
できるだけ表情豊かに話そう‥と意識するから、
自然に明るい表情が作れていたりして、
何だか気分まで良くなるような感じがする。

目

うーん、育児の合間に、がんばろう。
去年せっかく覚え始めたのに
ここで挫折しちゃってはもったいないし!


犬

よく、幼児期からの英語教育云々とか、
IT教育云々とか話題になるけれど、
どうせ小さい子に教えるなら、
手話のほうがよっぽど面白い気がするんだけどなぁ。

言葉の感覚とか、ゼスチャーの面白さとか、
そういう楽しさを学ぶこともできるし、
コミュニケーションや表現力を
豊かにしてくれそうな感じがするし。


視覚と聴覚の重複障害を持っている子が、
小学校のうちは聾学校に、
中学校に入ってから盲学校に学んでいるという話を聞いた。

その話を聞いたとき、
盲学校のほうが、言語的な面での
テクニカルな習得には向いているんじゃないかな?と
素人ながら思ったんけど、後で、
幼いうちは、できるだけ豊かな表現を学んで欲しくて、
色々考えた挙句に、手話ベースの教育を選ぶという
お母さまの温かな配慮があったことを聞いた。
なるほど‥と感心してしまった。


また、
巣鴨にある子ども合唱団では、
いつも、おそろいの洋服に身をまとったカワイイ子どもたちが、
手話コーラスを披露してくれるの。
今まで、福祉や子供向け、地域コミュニティなんかの活動で、
たまたま一緒になることが多かったんだよね。
とてものびのびと、楽しそうに魅せてくれるのが、印象的。
またいつか聴きたいなぁ。

猫

ベビーちゃんがそのうち大きくなったら、
簡単な挨拶と自己紹介程度の手話でも
教えてあげよっかなー。なんてね。


*******************
噂のベビーちゃん。

ガラガラ舐めて‥おいしい?おいしくないでしょー!

 060821.jpg  060821_192305_Ed_M.jpg 
posted by charles'wain at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お金や時間をかけず育児・子育てに314倍成功する方法
Excerpt: 始めまして、楽しく拝見させていただきました。この度、育児・子育てに成功する方法というサイトを作りましたので、トラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である子育てに不安のある方、初めてでどう子..
Weblog: 幼児・子育てに成功する方法
Tracked: 2006-08-27 00:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。