2007年08月29日

今日は演習の日

福祉ブログに書くべきことだろうケド、
そこまで、つきつめて真面目に書くつもりはないので、
雑感を簡単に綴ることに。


今日は演習、ディスカッションの日。


演習の内容そのものもとても役立ったけど、
一緒に話した人たちから、色々影響を受けた。


一緒のグループになった人たちは、
臨床心理士、保育士、ケアマネなどさまざまな境遇の人ばかりで
(しかも、それらをいくつも持っている人だっていた)、
さらに、役所の福祉課、福祉施設、病院等々で
数年〜20年以上経験を積んできている。

とても考え方がしっかりしている。
人を見る目が温かい。
常に社会全体のあり方や将来を真剣に考えている。


頭がいいとか、点取りが上手とか、お金儲けが得意とか、
そんなことと「人の豊かさ」とは、別物だとつくづく思う。


朝から晩までずっと感じていたことは、
やはり、現代の一般の会社員には、何かが足りない。
意識とか、想像力とか、共感する心とか。
とにかく、足りない。何かがおかしい。



そのことはまた改めて具体的に考えてもいいかなーと思う。
今は「雑感」だけ、忘れないうちに残しておくとして。


例えば、福祉士の資格の要綱に、
価値やマインド等、色々宣言してある。

でも、どれをとっても、福祉士だから持つべきという類のものではなく、
人として当たり前の心がけだと前から感じていた。
敢えてあんな風に宣言しなきゃいけないなんて、
あれがアプリオリで万人が有するものじゃないなんて。

しょせん、そんなもの、と言ってしまえばそうなのかもしれないけど、
やっぱり、どこか違和感を覚えて、
いつまでも納得できない自分が居る。



そういうことを改めて思い知らされた一日。
posted by charles'wain at 21:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

最近。。。

会社で、いかに社員のモラルを向上・維持させるか

みたいなことを考え続けている。訳あって。


そんな中で、社員という枠を超え広く一般に、
やっぱり法だ制度だと言う前に、
人間として、最低限、守るべき
「道」「心」「規範」
みたいなものは、あるよね、
という方向に関心が流れてきている。


法、法曹界、その周囲の諸々とか、
すごくありがたい存在だと思うこともあれば、
それが本当に正義なのか、正しいのか、真理なのか、
首をかしげたくなることも、たまにある。


例えば、「法治国家だから、法が全てだ」というのは、
論理的に正しいとは思う。

じゃあ論理的に正しければ絶対なの?
「法治国家でも、法が全てではないと思う」
とか言ったら、矛盾だとか言って怒られるのかな?


私が特にそういう発想に陥るのは、
身近な経験の影響が極めて大きいのだと思う。


ここにあるレターを見て、
http://www.ll.em-net.ne.jp/~deguchi/news/2006/1130.htm
やっぱり、憤りとか、遣る瀬無さとか、
下手すると世の中に対する絶望とか、
そういうのを思ってしまう。


毎日は、平和そうに、無情なほどに穏やかに、流れていくけど。
posted by charles'wain at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。