2007年02月28日

赤ちゃん おはなしかい@図書館

高々「子ども*1人*」のお世話なのに、
もう、ホント、毎日振り回されっ放しだぁ‥。


移動が始まると、家中全てが危険に思えて
(実際、家具は倒される、棚は漁られる‥)、
ホント、目が離せない、気が気でない、というのは、
最近ひしひしと感じる。

それに重い。相変わらず重い。
抱っこ紐の力を借りても疲れるものは疲れるのだ。

そんなこんなで、
一日中、相手をしていると、正直、てんてこ舞いっ‥。ちっ(怒った顔)

時々、実習の日々が、
「旧き良き日々」とか「栄光の日々」
のように感じられてしまう‥。もうやだ〜(悲しい顔)

もともとイマイチ根気がないし、頑張り屋でもないから、
すぐに”泣き”が入ってしまう。ダメだなぁ。はぁ。

ドコモ提供

それでも、今朝も何とか、月一回、図書館で開催の
「赤ちゃん おはなしかい」に参加。

いままでは、3〜4組しかいなかったのに、
今日はなぜか10組以上‥!
大盛況。

ベビーちゃんは、おとなしく座っていることが嫌いなので、
すぐに「うんしょ」と、ずりばい姿勢になって、
隣の赤ちゃんに、進撃、開始。

すぐ、他の子に手をだしちゃうんだから‥!

「うわーごめんなさい!」

「いえいえ、いいんですよ」

謝ると、ママさんも優しく返してくれる。
あれっ?その顔を見ると、なぁんだ、
マタニティスイミングや、児童館の子育てサロンで
よくご一緒させてもらった親子じゃない!
おまけに、ベビーちゃんと誕生日も一週間しか違わないのだ。

「あらー、偶然!」

なんて、ちょっとだけ、世間話に花が咲く。

ドコモポイント

午後は‥言うまでもなく、

定番の子どもセンター。
(池袋に戻ってきて以来、10ヶ月検診の日を
除いて、全てお世話になっているんだな、これが‥。

今日も元気いっぱい、匍匐前進、全開!!

07022801.JPG 07022802.JPG

07022803.JPG 07022804.JPG

最後の写真は、最近ブームの
「授乳コーナー」に侵入するショット。

他のママさんが居るときは、行っちゃだめだよー!!ふらふら
posted by charles'wain at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

良書に巡り合えるよろこび

レポートを書くときには、専門書や参考書に近い書籍ばかりで、
読み物としての楽しさは別に、手段として、
図書館で関連本を借りまくってみている。


一応、リハビリテーション医療という学問の本だけど、
ヘタなエッセイなんかより、はるかに示唆に富んだ、
それこそ「飛び出せ定年!」世代向けと思った、
おススメ本が、これ。




こういう素敵な本に出合えるのも、
レポートを頑張るひとつのご褒美のよう‥!

私も、いつの日か、専門の研究分野をしっかり持って、
こういう中身のある書物を世に出せたらなあ‥
なぁんて甘くも淡〜い夢を妄想することも、ね。


*********************

センターでのベビーちゃん。

階段を上りたかったみたい‥。わーい(嬉しい顔)

07022601.JPG 07022602.JPG
posted by charles'wain at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ずりばいBOOM真っ最中!

日曜日から今日まで、7日間。
うち、6日間、子どもセンターのお世話になったぞう。
常連、ふっかぁーつ‥(笑)


揺れるハート

土曜日なんて、私の福祉レポートが切羽詰っているもんだから、
ダンナさまが、ベビーちゃんを連れてお出かけしてくれて、
そのお陰で、平穏な勉強環境を手に入れることができたのだ。

アリガトー!!

0702223.JPG

0702221.JPG 

0722222.JPG 


見て見て!

髪の毛、 だいぶ、生えてきた でしょう‥!!

ドコモ提供

おまけ。
我が家でもあちこち這いずり回って‥。

0702224.JPG 

子どもの好奇心って、ホントすごいなぁ‥。
posted by charles'wain at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

無事完走、現場実習!

ようやく‥90時間の現場実習が終わった‥。ふぅ。ふらふら

いやー、実習の感想を一言で言えば、

とにかく、楽しかった。 揺れるハート



施設に関わる全ての人との出会いが、それは面白くて。

職員さんの人柄が良くて。

利用者さんの笑顔が底抜けで。

おかげで、持病のアレルギーも、すっかり影を潜めて、
心身ともに、かなり健康な半月を過ごせて、満足、満足。

ともに作業をしていく中で、利用者同士の助け合いや
教え合いの”文化”が、何よりも一番素敵に思えた。

皆、本当に仲が良くて、全体の空気が良くて、
そんな空気をちょっとだけ共有?おすそわけ?
させてもらっただけでも、幸せなことだよなぁ。


それでも、当然のことだけど、やはり、
利用者同士のちょっとしたトラブルは、日常茶飯事だった。

そんな時には、利用者個々人の個性等を重視しながら、
どのように、当事者での解決をサポートしていくか、
これが職員、福祉現場の専門家の腕の見せ所だったりする。


トラブルをおこした当事者に対してはもちろん、
周囲に対して、利用者全員に対して、
うまく諭して、教えて、良い方向へと
進めていかなければならない。


だから、そのとき、そのとき、
いつも色んな言葉を選んでいる。
そして、親身になって、皆に語りかけている。

そんな、職員さんからのたくさんのメッセージの中で
特に印象に残ったもの。


作業についてのちょっとした意見の相違から、
AさんとBさんの雰囲気が不味くなり、
その悪口を言ったりして、
作業に集中できなくなってしまったとき。

「みなさんね、
他の人ともめるときもあると思いますけれど。

それでも、何十億、何十億ですよ。
それだけの人が所狭しと住む地球で、
たった30人から40人の小さなこの作業所の世界。

そんな中でお互い出合っているんですよ。
その偶然って凄いことじゃないですか。

そんな不思議な奇跡的な縁で、今、ここに居るんですよ。

だから、お互い、タイセツにしましょうよ」

本当に、たくさんの人との出会いは、
素敵な偶然である。
私の知らないところで、何かの縁があったりして‥。


****************

そんな実習が終わって早数日が過ぎたけれど‥、

通勤1時間半かかっても、
たとえ残業があったとしても、

実習がすんでカムバック!した
”チビモンスターとの格闘の毎日”に比べれば、

ぜんっぜん、楽なもんだなー、

と改めて感じる。感じてしまう。


だってね。だってね。ふらふら

ベビーちゃんは機嫌いいときは可愛いけれど、

何をやってもぐずぐず、

何をやってもぶーぶー、

何をやっても 

ぎゃあああーーー ぎゃあああーーー、



のときは、ほんとうに、もう‥‥‥。ちっ(怒った顔)
posted by charles'wain at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

いつまでもお幸せにねっ‥!

大学入学後の最初の”おともだち”。

以来、ほんっとに、お世話になったものだ。


入学当初の楽しい(というか周囲にとっては”大迷惑”?な)
数々の記憶を思い出すと、きりがないんだけど‥。

黒ハート

そんな知人の晴れの結婚式に参列できたのは、
本当に幸せ。

そして、主役の笑顔も本当に素敵だったなー!!わーい(嬉しい顔)

その素敵な新婦さまは、
昔も今もバリバリキャリアウーマン中だし、
ここ1年以上、東京に殆どいないし、
さぞかし準備も大変だったんだろうな‥なんて思いつつ、
式では随所に彼女の生トークが出ていて
(それは新郎を落としているのですか?と度々訊かれていた‥)、
作ってない”素らしさ”が、また”素の笑い”を誘うというような、
とても和やかで、とても雰囲気の良い、
そんなお祝いの空間だった。

特に凝った演出とかなかったけど、
そのオーソドックさ、その素直さが、好感を呼ぶ。
そんな素敵な結婚式。

ところで、私以外に出席していた
同じテーブルの”ダイガクジダイのオトモダチ”3名も、
ほぼ初対面だったというのに、その場ですっかり打ち解けて、
話が弾んだ弾んだ!

同世代の女性、そして似たような経験を共有してきた、
そんな中で、とても濃くって深い話も
いくつかできたし。
そんな友達との対面&再会も、良かったなー。

ドコモポイント

何だか、すんなりと大企業や希望の企業に入って
朝も夜もなく仕事に追われている女性も居る中で、
転職したり、資格取得を目指したり、
色々と試行錯誤を繰り返す女性も居る。

傍から見ると、前者のほうが、
収入も将来設計もスムーズに見えて望ましいようだけど‥。

名声やキャリア、給料を手にしている女性のほうが、
何かと羨望の的ではあるし、
実際、そういうものを手にするまでの努力はみならいたいと思う。

だけど、それが絶対的に素晴らしくて、万人の目標となるかというと、
必ずしもそうでもないかも‥と、
(特に出産を経験してから)
感じるようになったのもまた事実。

女性の生き方は自由‥なのかな、ホントに自由なのかな。

そして、様々な選択肢や様々な価値観の波に
もまれながらも、何かを懸命に模索する姿。

あがいている‥とかいうのではなくて、
一筋縄にはいかなくって、思ったとおりには人生進んでいなくって、
それでも、その中でも前向きに生きようとする姿勢。
そういう姿もまた美しいような。
「迷い」はそれほど悪いことではないような。
最近はそんな気もしている。

例えば、
仕事やキャリアで”成功”した女性と、
立派に子育てをして、今も素敵な対人関係に恵まれる
ごくごく普通の「母親」として輝いている自分の母親と。
どっちがすごいとか、どっちが素晴らしいとか、
そういう単純な比較の問題でもないと思うし。
難しいことは抜きに、母親も、母親の生き方も、好き。
それでいいじゃんかー。


話が色々とそれてしまったけど、
素敵な結婚式に招いてくれて、本当にありがとう。
幸せをおすそ分けしてもらったようで、
とても温かい気分になれたしっ!

とにかく、とにかく、
末永く、お幸せにねー!
posted by charles'wain at 10:52| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

チラシ見たよー!

池袋に帰還して、早速、
2日連続で子どもセンターに出没してみた。

0702201.JPG 0702202.JPG


予想通り、皆様から、

コーちゃん!久しぶり〜!!
大っきくなったねぇー!



と、温かい声をかけてもらった。

職員さんも、お仲間ママさんも、
ホント、みんなイイ人たちばかりだよなぁ。

そして、

「お母さん、チラシ見ましたよ、チラシ!」

と言われるから何のことかと思えば。

そう、今週は生協のカタログに、申し訳程度に
家族3人の写真が、小さく載っているのだ。

自分だけイニシャルで載せておきながら、
ダンナとベビーちゃんの実名しっかり公開してるし。
(その意図が自分でも良く分からないなぁ‥)

これもちょっとした記念ということで‥!ドコモポイント

#「餃子の●島家」という印象が着いてしまったらしいが(笑)

黒ハート

閑話休題。
とにかく、子どもセンターの常連ママさんは、
皆親しく声を掛け合っているので、すごく居心地が良い。

ベビーちゃんがずりばいで他の子に手を出しにいくのが
最近はちょっと心配なんだけど。
それでも、お家ばかりじゃマンネリ化するし、
他の親子とベビーちゃんがじゃれあう(?)様子を見るのも
実に微笑ましいものだ。
それが、皆分かっているから、お互いに他の親子にも
親しく接するのが常になっていて、
そういう雰囲気が、落ち着くんだよなぁ。


復職まであと1ヶ月ちょっと。ふらふら
時の流れは、ホント、はやいはやい。

それまで、できるだけたくさん、
お世話になっているこのセンターに、
遊びに行きたいなー!!ハートたち(複数ハート)
posted by charles'wain at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

SWEETS FOREST

実習中の作業所のレクの一環で、初めて、

ガラにもなく‥


『自由が丘 スイーツフォレスト』ハートたち(複数ハート)

なる場所に、乱入!


バレンタインのこの日にぴったりなお出かけ〜。わーい(嬉しい顔)


070214forest

一面のお花、桃色一色‥的なファンタジー溢れる
雰囲気は、何だか自分のキャラを考えるほど
落ち着かないのだけど。


それでも、利用者さんたちと、ルンルン気分で、
食べあさったり、お土産を悩んだり、というのは、
とても楽しいのだ♪


その彩にひかれて、
『九龍(クーロン)』
なる異国風デザートに挑戦。


070214kuron

フルーツの味もしっかり活きていて、
うーん、美味。

わざわざここまできて試した甲斐あり。


個人的には、パステルのゼリー類と同じくらい好きっ!



それにしても、それにしても、
自由が丘という街の、その街並みに、
いまさらながら感心してしまった‥!

これは、こだわって住む人がいるわけだわ。

おしゃれなカフェ、
オリジナルと思われる独創的なショップの数々、
高級ベビーカーが入り口に並ぶベビー向けセレクトショップ、

‥‥

歩いているうちに、何だか、
いなかの海老名とか、
ごちゃごちゃした豊島区とか、
そういうものが微妙に恋しくなったような‥。


海老名‥といえば、こちらでも、
子育て支援センター、行ってみたよん♪
070214cokey
posted by charles'wain at 20:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

巡回だぁ〜

在籍しているセンモンガッコの実習担当教官が、
実習の様子のチェックにと突然現れて、
進捗状況その他の確認を行う。

色々雑談した挙句、

「今の実習で何が一番大変ですか?」

と訊かれたので、迷わず、

「搾乳ですっ!」

と答えてみた。


だって、お昼やお茶の休憩の時間だって、
たくさんの利用者さんが話しかけてくれて、
やれ卓球だ、やれ折り紙だ、やれあやとりだ‥、
とさまざまな遊びで盛り上がってしまうから、
ゆっくりお手洗いにいく暇がないのだ‥!

それでも、午前午後、5分くらいずつは何とか確保して、
(今回は強引に手絞りですが‥)
母乳の出を止めないように奮闘しておりまする。


正直、生後10ヶ月くらいだと母乳の出も悪くなって
搾乳しなくても何とかなるんじゃないか‥
なんて楽観視していたけど、甘い、甘い。


自宅に帰って栄養たっぷりの食事にありつけている上、
実習所での給食もまた栄養バランスよかったりで、
めちゃくちゃ健康だからなぁ。

さらに、好きなことまでやらせてもらって、
ストレスフリー、精神的にも良好な状態、とあれば、
そりゃー、お乳さんの出も良くなりすぎちゃうよねぇ‥。


ちなみに、担当教官の方は、
何でも、お子様が3ヶ月くらいまで保育器に入れられていたとかで、
その期間の搾乳の大変さを身をもって体験しているらしく、
めちゃくちゃ共感され、子育て話でも盛り上がってしまった‥。

わーい(嬉しい顔)

いやー、それにしても、あやとりは正直苦手だけど、
毎日卓球できるなんて、楽しすぎ〜!!
やっぱり、ベビーちゃんにも卓球教えるぞぅ!
posted by charles'wain at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

おんなのひとって‥

施設での現場実習は、利用者と慣れて
打ち解けていくほど、益々楽しい‥。

今日は、隔週実施のプールレクレーションに
同行させてもらった。

ドコモ提供

水着を持っていない私はプールサイドで見学
しただけなのだけど、
それでも、利用者さんたちの、授産活動とは
また違った楽しそうな様子が垣間見れて、
何だか見ているだけでも、微笑んでしまった。

ウンウン、水泳はホント楽しそうだ。

何てったって、全身運動。水の中は快適だし。


うちのベビーちゃんにも、やらせてみたいなぁ。


‥‥やっぱり、お試しベビースイミング行ってみようーっと。


‥‥やっぱり、ベビー水着、通販で買っちゃおうーっと。




そんなことまで考えてしまった。いかん、横道じゃ。

目


ところで、だいぶ親しくなった利用者さんたちは、
この新米実習生に対して、
あれこれと丁寧に教えてくれるのだ。


今日も、水泳教室が終わって、温水プールで
指導してくださった現場の専門のコーチの方々に
最後のお礼の挨拶をするとき。

入り口に飾ってある、
このプールの「指導者紹介」の写真とコメントを
指差し、目の前のコーチを見ながら、


「おんなのひとって、すごく化粧するじゃないですか。

化粧すると、ほんと、化けますよねぇ。

ここのコーチなんて、この写真と、実物、

全然似てないんですよ、ほんと別人なんです!」


と大声で解説してくれる、それも真剣に‥。

#まあ、水泳はかなりノーメイクに近くなるわな‥。ふらふら

いや、まぁ、その通りかも知れないんだけどね‥。

本人の目の前で、そんな大きな声で‥(苦笑)

わーい(嬉しい顔)

今日も色々な意味で(笑)、
たくさん楽しませていただきましたっ!!!ハートたち(複数ハート)
posted by charles'wain at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

老人ホーム初体験

生まれて初めて、老人用施設を訪れた。


というのも、実習先の授産施設が、
地域との積極的な交流を図る目的で、
数年前から、近くの養護老人ホームでの
ボランティア活動を続けているとのことで、
今日はその活動に同行したのだ。


老人ホームでの軽作業のお手伝いなのだけど、
その活動を始めるまでには、授産施設の作業所で、
軽作業を確実に行うための練習(訓練)を
しっかり積んで、その上で参加したらしい。


以来、ずっと活動に参加する利用者の自発性を尊重し、
希望者のみ、この活動ををかれこれ5年くらい続けているとか。


(そういう諸々のいきさつは後から聞いたのだけど、)
今日の活動そのものが楽しくて気持ちよかったのに加えて、
それ以上に、こうした事情を知って、
何だかとてもすがすがしい気分がした。


障害者向け施設というと、どこか、地域から
隔離されているとか、孤立しているという
イメージがあるけれど
(というか周囲がそうさせているのかもしれない)、
こうしたオープンな形で自発的に地域に関わろうとしている、
そういうのって、何かいいな!と思って。


それにしても、
初めて老人ホームの中をのぞいたんだけど、
これまた、興味津々だった‥。
すっごく施設が充実していて、驚いたー。
(こりゃー、年金もがっつり飛んでも文句言えないかも‥
なんて、思ってしまうくらい‥)

*********************

老人ホームはまだ遠い存在の誰かさん。

070204_203459_M.jpg 070204_203918_M.jpg
posted by charles'wain at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

共感します!

子育て関係のエッセイで、最近ちょっと共感を覚えたもの。

読売新聞の育児系コラム等々は、
そこそこ充実していて、どれも興味深いけれど、
中でもこれは、すぅーっと共感できた。

『パパの育児休暇』シリーズ。
(↓これは最終回のもの)
http://osaka.yomiuri.co.jp/mama/tokusyu/mt61215a.htm

それと、豊島区のエポック10の刊行物。
特集『子育て支援 ― よろこびを感じられる子育てをめざして ―』。
http://www.city.toshima.tokyo.jp/danjyo/danjyo_07.html#28

この号は、どれも読み応えあったけれど、
中でも「子育て世代からのメッセージ」は、
「ああ、分かるなあ、その気持ち」という感じがした。

子どもがいても、社会参加できるシステムが欲しい‥とか、
”チャイルド・ファースト”ばかりで母親が少し疲れてしまう‥とか。

そういう”子育てしにくさ”を解消していく一方で、
子育てを楽しく捉えられるような、そんな社会になっていけば、
もっと出産や育児に対する女性の関心も高まるんじゃないかなぁ。


ドコモ提供

そして、
ダンナや実家、周囲の仲間の助けを散々借りながら、
0歳児ベビーちゃんを抱えながらも、
それなりの”社会参加”欲を満たしてもらっている自分は、
本当に周囲に感謝しなければならないなぁ‥と、
改めて感じる。
みんな、ありがとうー!揺れるハート
posted by charles'wain at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実家に感謝、大感謝!!

丸2週間、約12時間も、
ベビーちゃんを実家に預かってもらってしまっている‥。

ベビーちゃんのお世話がどんなに大変か知っていて、
ホント、申し訳ないというか何というか‥。


それで、預かってもらっている間、
ベビーちゃんママは、いわゆる福祉施設実習などに
従事しているわけですが‥。


ボランティア体験!のような立場ではなく、
資格を取るための本格的な実習というだけあって、
細かいトコまで、丁寧に、専門的に、
指導されておりまする‥。


なので、ただ施設の利用者と触れ合うだけでなく、
現在の福祉制度の不備や矛盾、
施設が抱えるさまざまな問題などを、
モロに考えさせられていて‥。


実習を指導してくれる方が、
これまた経験豊かな優れた指導者で、
とても貴重な実習をさせてもらっているのだ。

オリエンテーションや面談、その他の話し合いの中で、
何故、その資格をとろうとしているの?
何故、実習をしているの?
将来、どういうことをやりたいの?
などストレートな質問をされては、
現在の自分なりの率直な答えを反射的に返している。
返しつつ、また、考える。


いずれにしても、自分自身は、
こういう「施設の職員」として働きたいわけでもないので、
ひょっとして、こういう経験は、最初で最後かもしれない。
そういう意味でも、この半月、有意義に過ごしたいなぁ。


このことについても、いつかまとめて書きたいけど。



わーい(嬉しい顔)

★今日のクイズ★

約1週間ぶりに、パパに再会したベビーちゃん。

さてさて、その時の反応は‥?!
posted by charles'wain at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

子育ては試練だけど‥

少子化問題。

その気もなく、アクシデンタリーに子育てを
始めた分際でどうこう言えたモンでもないけど‥。



赤ちゃんに恵まれたことは、幸運。
そして、それまで、出産や子育てに無関心だった
自分に対する反省の念もあって、思うこと。

ドコモ提供

まず、少子化の原因は環境のせいだと言う。
特に、経済の問題、あるいは不妊の問題など、
とかく物理的バリアーばかり取り上げられる。

もちろん、そういう制約の犠牲になる、
とても気の毒な人の存在もあるのも、
忘れてはならないことだとは思う。
そして、そういう人たちを気遣わない発言は、
極力控えるべきだとは思う。

ドコモポイント

でも、感覚として、
本当に障壁となっているのは、
女性のメンタル的な問題ではないのかな?
と思うことも多い。

現代の子育ての価値観が過小評価されているか、
もしくはほとんど消えているのが問題‥
という種の主張に近いのかも知れない。

ドコモ提供

それは、例えば、
適齢期の女性が子育てに興味を持たない、
子育てに価値や喜びを見出せない、
子どもや家族の良さになかなか気づくことができない、
出産や子育てを自身の問題として捉える想像力に欠ける、
そんなこんなで後手後手になる、先送りしてしまう、
など、色々考えられるとは思うけど‥。

猫

それと並行して、
「少子化の原因を女性のせいにするな!」
的な主旨の訴えに関しては、寧ろ、
「適齢期の女性に、その気や意識、関心が欠如しているのは、
当人たちに全く非がない、というわけではないのではないか」
とも思ったりしてしまうのである。

まあ、仕事やプライベート、趣味に追われて、
そんな暇もない‥と言えばそれまでなのかも知れないけど。

必ずしも外部要因だけのせいではないような気がする。

犬

こういうことを悶々と考えるたびに、
いつかのJICAの集いでのワンシーンを思い出す。
前も書いたけどね。

素直で好感の持てる若い日本人女性が、

「仕事もやりたいこともいっぱいあるので、
子どもを持つかどうかは分からない」

ときっぱり言い切ったのに対して、
すぐに東南アジアの若い男性が、

「家族を持たないなんて、間違っているよ!」

と、余計なお世話の説教を始めたときのこと。


男性の言うことは、何も論理的に説明されていない。
それに対して、女性の発言は、
いまどきの”女性の権利”を主張していて理解しやすい。
その根拠は、よく分かる。

それでも、人権だ自由だと何の迷いもなく
高らかに自身の生き方を述べる日本の女性よりも、
論理はさておき、主観で熱く語る東南アジアの男性みたいな、
”熱いハート”のごとき存在が、少しは残っているほうが、
何となく安心するような‥‥‥何でかなぁ‥?


(悶々と、漠然と、考えているお題なだけに、
また、まとまりも説得力もなくなってしまったなぁ‥。
まあ、三十路前の他愛もないボヤキなのでご勘弁を‥)
posted by charles'wain at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。