2006年06月29日

ベビーマッサージに初挑戦!

初めてベビーマッサージの会に参加。


060628_153643_Ed_M.jpg

さすが、センターの前も、いつにもまして、
自転車やベビーカーがびっしり。
”駐車場所”を探すのに戸惑ってしまった!


早速、参加親子の自己紹介に始まり、
全プログラムの終了まで、1時間弱だけど、
その間、全然グズることもなく、
ところどころでは、すごく気持ちよさそーにしていて、
すっかり”おりこうさん”だったベビーちゃん。

足首マッサージと背中パタパタが
特にお気に入りだったみたい。


終わってからは、もともと眠かったのもあって、
気持ちよさそうに熟睡状態。


massage.jpg


#つーか、最近、”夜更かし”気味の生活パターンが
#気にならなくもないんだけどね。


とにかく、このセンターでのベビーマッサージ教室は、
基本的に参加費無料なのがいい!
終わってから、参加ママさんと、講習会場で
そのまま”2次会”に突入できるしね。


それに、ここの施設は、スタッフの皆さんがアットホーム!
いつも、気軽に声をかけてくれるし、
ベビーちゃんを抱いたりあやしたりしてくれるし、
ホント、雰囲気がいいんだよね。

冷房効いてて涼しいし、今夏はおせわになります‥!
わーい(嬉しい顔)

*******************

そうそう、テレビでタレントさんなんかが産後すぐ復帰して、
「こんな風に産後ダイエットしました」
なんてインタビューをよくやっているけど。

だから、そういうのって、すごく難しいと思っていたのね。

でも、噂どおり、母乳育児は、ダイエット的な効果は抜群みたい。


妊娠中は、どうすれば
絶対元の体重に戻せるかな?とか、
体形リフォームできるかな?とか、
そういうことを考えていたんだけど、
いざ、ベビーちゃんとご対面後は、
そういうものに勤しんでいる余裕が全然無くて‥。


おまけに、母乳がまずくなっちゃいやなので、
できるだけバランスよく、三食しっかり食べるようにしてたので、
これはしばらくは痩せなくてもしょうがないかーと思っていたのさ。
逆に体重戻そうと思って食事内容に影響するのが嫌だったし。


それでも、池袋に戻ってから、こっそり体重計のってみたら、
実は、妊娠前より微減だったりして。
おっぱいとかおしりまわりとか、明らかに大きくなっているのにー。


ベビーちゃんがよくおっぱいを吸ってくれるのと、
母乳育児のために健康的な食生活にしているのと、
その辺が功を奏したのだと思うけど。
ちょっと驚いた。


何が言いたいかと言うと、
何だか、妊娠・出産すると、元の体重に戻らない!
と心配する人が多いと思うけど、
結構努力しないでも、苦労しないでも、
慣れない赤ちゃんの世話で鍛えられることもあって、
体重は比較的戻りやすいみたい、と実感したのだ。
そういう意味でも母乳育児はお勧めかも‥(笑)


#実際、入院中に、一人目のときはミルク育児で
#体重が戻らなかったから、今回は完母目指す!と
#宣言していたママさんも見たしなあ‥。



それに、ベビーちゃんがミルク太りしても困るので、
もうちょっと、母乳育児、がんばりまぁす♪
posted by charles'wain at 15:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

久々、身体測定

早速、初めての「出張育児相談」に参加。わーい(嬉しい顔)


出張‥っていっても、今回の場合は開催が保健所だから、
「近くにわざわざ来てくれた」感は薄いけれど。


とにかく、母乳育児なので、何にも”目安”がないので、
身体測定は、できる限り、こまめにしておきたかったのだ。


到着すると、20人くらいは来ていた模様。
予想していた以上の盛況ぶり。
ベビーちゃんの仲間‥というか首が据わってない月例らしき子も
2〜3人見かけたかな?


受付番号が遅かったせいで、少し待たされたので、
その間、ぐずって泣き出してしまった‥!あせあせ(飛び散る汗)


しょうがないので、あいている診療室を借りて、
ちょっとだけ、おっぱいをあげて寝かしつけて、
その場は一件落着。


今日で、2M17D。
身長約60センチ、体重約6800グラム。目


今月になって、それまでみたいに、
むせかえる勢いでガバガバおっぱいを飲まなくなった‥!
と気にしていたけど、
その通り、というか、体重増加は鈍化。


「なんか、今までみたいにいっぱい飲まなくなったし、
体重増加も良くないみたいだし、
母乳の出が悪くなっているんでしょうかねぇ?」


と不安げに尋ねる”初ママ”に対して、保健師の方はあっさりと‥

「体重も身長も増えているじゃないですか。
だいだい、母乳だけでここまですくすく育つなんて羨ましいです。
何にも悩むこととか相談とかないような感じですね」


「はあー、
それでも、やっぱり母乳だとあれこれ心配になるので、
やっぱり、気になったときは、母乳相談会に参加したり、
場合によっては、電話で相談したりするべきでしょうか‥?」


「ここまで順調に育っていれば、
8月の3〜4ヶ月検診まで、何も訊かなくても平気でしょう。
今日もとりあえず確かめにきただけなんですよね?」

という風に、”何にも相談いらないじゃないかー”的な対応。


そもそも、発育曲線は、ミルク育児の子が上部を占める傾向があるので、
母乳の子は、幾分発育が劣るもの。
しかも、第1子だと、乳腺も発達していなかったりで、
そこを完母的に育てると、どうしても発育は平均を下回るくらいになるのが
普通だということらしい。

それなのに、あなたは本当に恵まれてますよー、と言うような感じだった。


それで、”悩み”とか、”相談”的なネタがなくなってしまったので、
とりあえず、気になっていたこと、
緊急医療云々について、あれこれ訊いてみる。


この話は予想以上に奥が深くって、
東京都医療機関案内サービス”ひまわり”を紹介されたり、
この辺の小児科医療、緊急医療の事情をそれとなーく
教えてくれたり(あまりダイレクトに主観が入ってはいけないらしい)。
都立だと、まず、カルテのない子どもの緊急は対応しないし、
そういう意味では、大学病院がおすすめだけど、
遠かったり、待ち時間が長かったりするし、
近くで小児科を予め開拓しておかなくてはならないらしい。
もちろん、緊急のときに引き受けてくれる医者も見つけておかなくちゃ駄目。


それで、初ママさんで、一番難しいのは、
「この症状は、病院に行くべきか行かぬべきか」
の判断らしい。


たいした症状じゃないのに、医者にいったりすると怒られる‥
みたいな話は確かに聞いたことあるし。


うーん。。。


今までは特に問題なくきてるからいいんだけど、
この後、体調や様子が急変‥みたいになったら、
何にも分からないから、あたふたしちゃいそうな感じ。


ママ友達でも作って、
子どもの病気情報、
近くのお勧め病院情報なんかを、
少しずつ収集するように努力しなきゃなぁ‥
なんて、思ったりした。

結局、今日は午前中は保健所。

お昼過ぎはスリングでお買い物。

夕方は公園までベビーカーで散歩。

kouende.jpg


ムシムシしててグズってばかりだったので、
その度に外出して、
何とか紛らわして。

お陰で、家事は全く進まないけど‥。


***************

最近のベビーちゃんは、
とにかくあやしてあげると超ごきげんなので、
お料理や掃除がしたくっても、
何か無視できないんだよなぁ‥。

無視するととても切ない泣き方で訴えてくるし。

ゆらゆらするものを目の前に持ってきて、
お歌を口ずさんであげたり、
鈴やぶーぶーを鳴らしてあげると、
極上の笑みを見せる。


お手製メリー状態が大好きなのね。
ママは、お手製メリー中には他のことが何もできないし、
長い時間だと疲れるんだけど‥!


それと、最近、いたずら半分で、
ベビーちゃんの目の前に大きな鏡を近づけたり遠ざけたり。

自分の顔を見て、ちょっと興奮している様子が、
何とも可愛い!

kagami.jpg

posted by charles'wain at 18:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

在宅作業

可愛いベビーちゃんを保育園において
外でお仕事っていうのも悪くないけど、
できれば、ベビーちゃんの様子を側で見ていたいから、
在宅ワークっぽいのがいいなあー、
なんて思ったりすることがある。


でも、実際、レポートとかの作業をしていると、
一日中、「ああーううーあぅー」という声がして、
「かまってかまってー」状態のベビーちゃんを
ほったらかして作業に勤しむのが結構難しい‥。


道で困っている人がいると手をさしのべたくなるのと
同じような心境で、
「かまってくれないと死んじゃうよぅー」のうさこ状態の
ベビーちゃんを見殺しにできないのだ‥(苦笑)


だって、こんな表情で、人のこと呼ぶんだよぅ‥!ふらふら

060626_085105_Ed_M.jpg  060626_085054_Ed_M.jpg


ドコモポイント

それでも、何だかんだで赤ちゃんなんだから、
睡眠時間多いから、寝入っている最中に
作業できるはず‥!と思っていたんだけど、これが。


布団で平らに寝かせようとすると泣くのよ。


んで、あぐらをかいてその上でなでなでしてあげたり、
スリングに乗っけて、家中散歩でゆらゆらしてあげたり、
そういうことすると、ようやく寝付いてくれるわけ。


‥。
でも、その状態で寝てくれても、
正直、大して自由に動けないわけよ。もうやだ〜(悲しい顔)

ましてや、集中してまとめて取り組みたい作業なんかは
とても、とても‥。

#その状態でできることといったら、せいぜい、
#片手でネットサーフィンとか、
#すでに袋の開いたおやつのつまみ食い程度で‥。



とにかく、側にいると、「相手にしてあげなくちゃ!」
と思わずにいられなくなってしまうので、
ホントに仕事がしたい、作業が進めたいというときは、
やはり、いざと言う時には保育園に預けるなどの手段で、
強引に”視界及び音の聞こえる範囲から消す”
ようにするのが一番なのかもね、やっぱり‥。

そう考えると、場合によっちゃ、保育園に預けると言うのも
そう悪いことではないような気がしたりして。


********************

ベビーちゃんとのスキンシップは楽しい。

何でだろ、赤ちゃんは小さくて可愛いから?
手足を触ったり、抱きしめたり、キスしたり、
ついついそういうことがしたくなるんだよね。

060624_155232_Ed_M.jpg

パパも。仲良しですっ!揺れるハート
posted by charles'wain at 14:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ミッキー甚平!

夏気分なので‥、

早速、甚平を着せてみた。わーい(嬉しい顔)


060624_194429_Ed_M.jpg



出産祝いの頂き物としてベビー服が多いけど、
出産直後は、まだまだサイズが大きいから
しばらく成長してからだね‥

なんて思っていたのに!

思いのほか、発育状態が良いので、
いくら可愛らしくて余所行きっぽいベビー服でも、
着れないまま成長しすぎてしまっては勿体無い!

ということで、ガンガン楽しむことにしたのだ。



ドコモ提供

最近のママの気になる傾向としては、
とにかくベビーちゃんに一度ぐずられてしまえば
自分の作業なんてあったもんじゃないので、
すやすや寝ているときに、集中して一気に
物事を片付ける意識が一層強くなったってことかな?


例えば、料理にしても、
ベビーちゃんが熟睡中に、パパッと何品も並行に作って、
それを冷凍保存するような習慣がついてきたりして。


目下、冷凍向き素材、冷凍可能な調理済み惣菜を
色々とお試し中。
ゆでた野菜を小分けにして冷凍するとか、
鶏肉に下味つけて冷凍するとか、
完全に調理したメニューを冷凍するとか。

今後、子どものお弁当を‥なんて機会があれば、
その時にかなり重宝するかもね。


あとは、ベビーカーの下の荷物入れが、
「ごちゃまぜ作業バック」と化していて、
レポート作成のための参考資料とか、料理本とか、
そういうものをためこんでおいたりもしている。

いざ、公園まで散歩に行ってベビーちゃんが寝入ったときに、
隣でベンチに座ってのんびり読書に耽るために。

今は、まだ涼しいから外での読書が気分いいけど、
真夏になったら、どうなんだろう‥?


#最近、ベビーカーと一緒のルンルンお出かけに嵌ってしまって、
#何か、ベビーカーがないと、貴重品を忘れて外出するみたいに
#心もとない気分になってしまうんだよねぇ‥。 
#いや、もちろん、ベビーちゃんが乗っていることが大前提だけど。
 


でも、生後2,3ヶ月の時期は、それなりに外出することで、
ベビーちゃんも、ママも、気分転換もはかれるし、
生活リズムも整えやすいといいことづくし。
この時期が真冬でなくて良かった‥!


妊婦で動くの億劫な時期がうまく冬と重なったので、
今回の”出産時期”は、自分には都合が良かったかも。
あとは、単純だけど、予定より若くして‥というのも、
結果論として、出産までの経過、出産、その後の発育
どれも順調であることの大きな要因には違いないので、
それもやっぱり、ある意味では恵まれていたかも。


でも”社会的には”、ゆくゆく飛躍していきたい、活躍したいと思う
一生懸命な女性にとって、20代後半〜30代前半は、
やはり、自分のために、
具体的にはキャリアや経験、対人関係の構築に
全力を注ぎたくなるような時期には違いないからなぁ‥。


どっちか選ばなきゃいけないと言われるから難しくて
結婚も出産もなんか踏み切れなくなっちゃったりするわけで、
そういう社会の構造が、ちょっとでも動いてくれると、
もう少し女性の生き方も楽になるような気がするんだけどな。

posted by charles'wain at 12:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

常連さん

木曜日。曇り

雨が降っていなかったので、じゃあ、と、
またしても子どもセンターまでお散歩に出かけてしまった。


まだ池袋に戻ってきてからも20日弱だし、
ベビーちゃんだって、まだ2ヶ月と10日を過ぎたところなのに、
もうすっかり”常連さん”みたいになってしまった‥。


入り口で、
「ああ、お母さん、こんにちはー」
とスタッフの人に親しげに声をかけられるし、
もうすっかり、「こうちゃん」を覚えてもらっているし‥。


ここでは、いつも幼稚園でつけるような
”くまさんバッヂ”をつけるのね。


bluekuma.jpg


昨日も、他のママさんやスタッフの方と、
他愛無い近況報告なんかで気分転換。


こういうところで、その日会った人と何気ない会話していると、
ベビーちゃんの成長について、
また産後のママの体調や過ごし方について、
何というか、少し、相対的な?第三者的な?‥
そんな見方ができたりするような気がしてしまった。


ベビーちゃんについては、
発育がいたって順調なんだな、とか、
表情がしっかりしているんだな、とか、
力が強くてよく動く、元気な雰囲気が強いんだな、とか。


ママについては、
第一子でまだ生後2ヶ月ちょいなのにマイペースだな、とか。

人から言われて「それもそうだよな」と思ったんだけど、
生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんを持つ初ママは、
ちょっとしたことであれこれ心配になったり、
慣れない育児でノイローゼ気味になったり、
それ以前に、疲労困憊で、とても外出気分になれなかったり、
そういう感じがあってもおかしくないのに、
「こうちゃん」ママは、そういうものとは、全然無縁なんですね!
強いと言うか、マイペースと言うか‥。

まあ、事実、そうなんだけど。


それに、スタッフの方とあれこれ話していて、
「豊島区は、育児の取り組み充実しているからいいわねー」
みたいに言われ、そんな証拠?確信?なんてないけど、
そう言われると、何だか少し安心感が増すような。


ただね。
これはどんな”ママさん”でも似たようなものだと思うけど、
ベビーちゃんの様子であれこれ考えることは日常茶飯事。


こんな泣き方したことあった?

最近、昔ほど勢いよく飲んでいない?
母乳の出が悪くなった?

どこか元気がない?

おなかかどこかが痛い?



なんて、何かの拍子にすぐ気になってしまうのだから。ふらふら


一日中泣き喚かれるのも確かにある意味疲れるけど、
逆に、起きているのに大人しかったり、
寝てばかりだったりすると、
それもまた心配事へと変わってしまうから‥微妙。


出産といい、その後のベビーちゃんの発育といい、
あとでしっぺ返しくるんじゃない?と思うくらい、
今まで順調に来すぎているような感じ。
なのに、心配事はつきないものね。


とにかく、

笑ってくれるときの可愛さといったらー×××

それを見るために、毎日一生懸命お世話するんです♪揺れるハート
と言っても過言ではないかも。

わーい(嬉しい顔)



posted by charles'wain at 19:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

定番お散歩ルート

今のお家は、都会の便利さを存分に享受できるのが
とてもお気に入り♪

育児の情報はもちろん、サポート体制や
ママさんコミュニティなんかも充実してるので、
何につけても気楽なのだ。

定番のお散歩コースは次の5つ。


(1)ご近所さん巡りコース

スーパーで夕食の食材調達、
いわいで日用雑貨を調達、
コンビニでお菓子を調達、
オリジンでできあい惣菜を調達。

それ以外に、裏手にある小さな公園と児童館にも
よく出かけるのだ。

ベビーカーで連れ出して、ベビーちゃんが寝入ったときには、
公園でのんびりと、おやつを片手に読書にお弁当♪

ところで、最近特に思うんだけど、
私の住んでいる周辺は、比較的老人が多いような。

スーパーでも、老人多いし、
焼き芋とか、甘納豆とか、和菓子とか、
そういう層に受けそうなレパートリーが充実しているし。

午前中からこの辺をうろうろすると、
仲良さそうに、互いに挨拶し、軽い会話に花を咲かせる
高齢者層が多いのが目に付く。
きっと、昔っからこの辺に住んでいる人なんだろうな。


(2)大塚駅方面

主に「子ども家庭センター」に向かうコース。

途中、巣鴨高校の男子高生とよくすれちがいながら、
ベビーちゃんの数年後の姿をあれこれ妄想してみる。


(3)池袋駅方面

お役所、保健所、郵便局など、欠かせない施設が目白押し。

また、ベビーちゃん連れでも充分対応してくれそうな
有名デパート群にも、そのうちお出かけすることでしょう。

♪ああー果てしないー 夢を追い続けーーー
   ああーいつの日かー 大空かけめぐるーーー


嗚呼、大都会。


(4)東池袋方面

家族連れで賑わうサンシャイン全般はこちら。
この施設も、乳幼児対応は充実しているし、
今後何かと活用するんだろうなあ。

その他、都電に乗るとか、バスに乗るとかでもこちらを使うことも。

また、0歳2ヶ月から預かってくれる保育園もここにあるし。


(5)北池袋駅方面

駅の周辺に、児童館や野外広場。
放課後や土曜日は、小学生の元気なこと‥!


ドコモポイント

それで、昨日は、結局、北池袋方面に向かったんだけど、
ここは一番「閑散とした」地域なので、
どうやら、他人とあれこれコミュニケーションをとるより、
自分のペースでまったりしたいと思うときに、
そして特に何ら”用事”のないときに、
このコースを選択しているみたい。


お散歩中、ママの位置からは、
こんな風にベビーちゃんが見えるのだ。

060621_koen2.jpg


公園に着くと一休み。
途中のベンディングマシーンやコンビニで調達した
お茶を飲むのが、至福のリラックスタイム。

外でペットボトルを飲むのって、
安上がりなんだけど、ピクニック気分で、どこか楽しい。

060621_koen3.jpg


そんなとき、ベビーちゃんは、こんな感じ。

060621_koen1.jpg

ドコモ提供
posted by charles'wain at 10:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

天気予報無視でお出かけ強行♪

ママの都合で‥

レポート進めなきゃ‥


とちょっぴり頭の隅で気になってはいるけど、


やっぱり、ベビーちゃんは可愛いもん♪


ニコニコ笑顔が見たいしなぁ‥、
家の中ムシムシするから気分転換させたいしなぁ‥、



ということで、

午後は、近くの子どもセンターにお出かけ。

ベビーカー散歩で10分と掛からない場所にあるなんて、
本当に便利でありがたい!

kodomocenter.jpg


着くと、他のママさんや、センターのスタッフの方々に
早速次々と声をかけられる。

特に、うちなんて、まだ生後2ヶ月だから、
誰だって(社交辞令も含め)、

「赤ちゃんだー。小さいー。可愛いー」

と、次々に可愛がってくれるのだ。
うちより月例低い子なんて、まず見ないもんなぁ。

ベビーちゃん、ヒーローなのは、今のうちだけだよ‥(笑


「抱かせてくださいー!」

とスタッフの人に言われ、ベビーちゃんを渡すと、
ホントのママより上手に縦抱きしてもらえて、
気持ちが良いのか、上機嫌♪


最近、なん語をよく発するようになったなあーと思っていたけど、
今日もあー、うー、と、色々な声を出していた。

「この子、よくしゃべりますねー。しゃべりたいんですねー」

なんて、言われたりもした。


途中、おなかがすいて、ちょっと大泣きした場面があったけど、
おっぱい飲んだら、すぐまたご機嫌になって、
ママも面白がって、
メリーさんで遊ばせたり、クーファンに入れてみたり。


メリーさん。音がやっぱり好きなのね。

merry.jpg


見ているときに、最近の”マイブーム”の指しゃぶり。
げんこつでしゃぶろうとするんだもん。

gokigen1.jpg


クーファンの横で、ママが音遊びをするとニコニコ。

kufan.jpg


スタッフの方に、来週のベビーマッサージ教室にも是非、と言われ、
まだ参加条件である生後3ヶ月にも達していないことを伝えたけど、
参加OKということなので、
早速、来週、マッサージデビューの予定となった。
うわー、楽しみ♪


参加者が多いみたいなので、他の親子の子育て情報なんかも、
少しは参考になることがあるかな?!そうだといいな。


調子に乗ってビデオまで借りてしまった。

video1.jpg

*************************
最近、なん語が良く出るだけじゃなくって、
表情もすごく豊かになって、
特に午前中、涼しい風の中で上機嫌で、
そんなときに音遊びをしてあげると、ホント”イイ顔”をするの!

060616_093742_Ed_M.jpg

わーい(嬉しい顔)
posted by charles'wain at 18:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

産後初めて発見したこと

ついに、この時が、来た。

佳境。

溜めに溜めてきた通信教育の課題の第一回の締切は月末。

久々の福祉の会報の編集担当。締切は月末。

つまり、この半月は、
ベビーちゃんが少しでも寝てくれる時があれば、
ひたすら”作業”を前進させるほかは無いのだ‥!ふらふら

犬

東京に戻ってからというもの、
月例の低い0歳児一時保育も受け入れる保育園を抑えたり、
ファミリー・サポート・センターに登録したり、
ママも場合によっては、事情によっては、
ある程度”動ける”ための環境を整え始めてきているところ。


基本的には、ほぼ完母で育てているから、
長時間ベビーちゃんと離れ、母乳を吸ってもらえないと
痛くて困るのはママ自身なので、
それに、そこからのトラブルが原因で
母乳育児がうまくいかなくなるのも嫌なので、
あまり他人に預けるつもりはないんだけど‥。


それでも、そうは言っても、
これからも、スクーリングや実習など、
どうしても「外せない」用事はいくつか出てきてしまうので、
その時に備えての準備もいくらかは必要なのだ。


猫


ところで、出産前は、考えもしなかった、
まったく想像していなかった”幸福”を、
最近つくづく身にしみて感じているように思う。


それは、端的に言えば、
”順調な母乳育児”が出来ていることからくる幸福感、かな。


安産だったー!という時の満足感と同じような感じで、
母乳で、それこそママから栄養を思い切り吸い取りながら、
ジュニアがすくすくと成長する‥ということを
実感することは、何てささやかで贅沢な喜びなんでしょ。

食べ物や薬に気をつけろと言われるんだもの、
それだけダイレクトに、ママの栄養が反映されるんだから。

授乳しているときの、「吸われている感」は、
よく言われるように、単純に、
赤ちゃんへの親近感や愛おしさを増す効果があると思う。
懸命にはぐはぐする姿も、どこか可愛らしいし。


「あー、自分、吸われているよ、栄養吸い取られているよ」
と思う一方で、それが赤ちゃんの順調な発育に
直接結びついてくれているなんて、何て素敵‥!

だっておっぱい以外から栄養とっているわけじゃないのよ。

”母乳”を通じて、赤ちゃんと、自分が確かに繋がれている、
それを実感することの何とも言えない嬉しさ。

授乳の最中は、それこそ絆みたいなものを感じてしまう。

これは、体験するまでは、全然想像もしてみなかったこと!

シゴトか何かをやり遂げたときの達成感とはまた違うけれど、
心のそこから、じわじわ嬉しさを感じるような、そんな不思議な感覚。


特に、私の場合、おっぱいが張ることもほとんどないし
(だから足りないかな?と心配になるけど、足りているみたいだし)、
そのほか、よく耳にするおっぱい関連のトラブルとも
全く無縁だし。
#これから、次々遭遇するのかも知れませんが‥。


我がベビーちゃんは、実に優秀な搾乳器らしい‥。


そんなわけで、
安産とか、順調な母乳育児とか、
そういうちょっとしたことで、
こんなに幸福感や充実感を覚えるなんて、
今までは全然思いもよらなかったけど、
それだけに、そんな自然で素朴な喜びを味わえることに
何となく、感動してしまったくらい。


だいたい、思い返してみれば、お産の時も、
ベビーちゃんがぐんぐん降りてきてくれたからうまくいったんだし、
今だって、うまく飲んでくれるから、
ベビーちゃんも成長するし、ママのおっぱいも快調だし。


そう思うと、実に”優秀”なベビーちゃんに、
心から感謝したくなってしまう。親ばか。がく〜(落胆した顔)


それにしても、安産の幸せも、母乳育児の幸せも、
女性しか味わえない、素敵な専売特許だこと!

********************

ベビーちゃんの指しゃぶりショット。

060614_yubi1.jpg  060614_yubi2.jpg


相変わらず、うまく手が口に入らないと機嫌が悪くなるし、
口に入れるまでの過程で、あやまって、
顔中引っ掻き傷だらけになっちゃうことが、しょっちゅう‥。

パパ、つめきり、がんばれー!!!(笑)
posted by charles'wain at 06:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ドヨウビノニッキ

土曜日、快晴。

せっかくの休日、しかも天気が良いので、
”家族3人揃って”、近所へお出かけ。

廊下に立てかけっぱなしだったベビーカーの
記念すべきデビュー日となった。


行き先は、近くの児童館と子どもセンター。


zidokan.jpg


どちらも、職員さんの対応が親切で、
ほかの子どもや家族もたくさん来ていたので、
気さくに声をかけられたりして、おしゃべりして、
良い感じの気分転換になった。


babycar.jpg


児童館では、女の子が、
「へぇー、赤ちゃんだあ。今、何ヶ月?」
と親しげに話しかけてきてくれて可愛かったし、
子どもセンターでも、ほかに赤ちゃんを連れているお母さんと、
たわいない雑談を楽しむことができたし。


何といっても、広々としたスペース、
たくさんのおもちゃや育児雑誌、
赤ちゃん用の施設やグッズの充実度で、
とても居心地が良かった!

これからも、ちょくちょく、お世話になることがありそう‥!わーい(嬉しい顔)



外出で、気分転換もできて、適度に疲れたベビーちゃんは、
夜から翌朝まで、割としっかり眠ってくれて、
お陰で、ママはちょっとだけ勉強をすすめることができたのだ♪



猫

今日は「社会保障論」のお勉強。

印象に残ったフレーズ。

-----------
ボランティア活動については、わが国ではキリスト教の
伝統がないので期待できないとの考えもある
-----------

-----------
財政制約下の社会保障の新しい理念として近年になって
注目されているもうひとつの考え方がある。それは福祉を
経済の重荷と考えるのではなく、福祉政策の生産的な、
あるいは価値をつくるプラス面を重視する考え方である。
〜(中略)〜
福祉の生産的側面を重視すべきだというのが生産的福祉の
考えである。
-----------

-----------
福祉サービスの第一の柱が年金や傷病手当、児童手当の
ような所得保障であり、第二の柱が介護サービスや医療
サービスのようなサービス保障であるとすれば、第三の柱は
資産を福祉に生かす、資産ベースの福祉政策である。
〜(中略)〜
かつては社会資本といえば、道路、湾岸などの社会間接資本
のことであったが、近年言われる社会資本はハードの公共施設
などではなく、教育、健康、相互の信頼、ネットワークによる情報
の共有などソフトな人間的資産あるいは資本であり、それが
豊かに存在することによって同一インプットでより多くの生産と
効用が得られると考えられる。
-----------


などなど。


へぇー。目


ベビーちゃんのお世話をいかに効率よく上手にするか、
今日の献立をどう工夫するか、
それ以外のことをあれこれ考えるなんて、
最近の私の生活からは、どこか「浮いてる」感じもしたり‥。
変なのー。
でもちょっと刺激があって、気分転換になるのでいいかも。



**********************

最近のベビーちゃん。

060614_073859_Ed_M.jpg



黄疸、とれましたー。パチパチパチ。


また少し、重くなりましたー。たぶん。パチパチパチ。


オムツ替えの回数、減りませんー。  うーん。ふらふら


でも、成長したので、オムツは一回り大きなサイズに”昇格”!


それで、ダンナが近くのベビーザラスで、
新しくMサイズを調達してくれたのだけど、


babypooh.jpg


初めて見たー!!わーい(嬉しい顔)

ベビーザラス限定の”ベビープー”モデル。



たかがイラスト。されどイラスト。

かわいいー!と素直に癒されてしまった‥。ハートたち(複数ハート)
posted by charles'wain at 08:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

膝、今も重いです‥

まだ2ヶ月たつくらいだし、
母乳育児が順調?なおかげで、
授乳回数は(夜中も含めて)すごく多いし、
そのアウトプットの回数も、負けずに多い。


だから、まだまだ新生児期ほどじゃなくても、
ベビーちゃんのお世話は、なかなかの体力勝負。


疲れきって、死んだように爆睡することもしばしば‥。

そんな時は、私は夢の中でよく分かってないけど、
多分、ダンナとか、実母とかが、助けてくれているはず‥。

本当に、皆さん、ありがとうございます。



母体が健康で、精神的にもゆとりがあるからこそ、
きっと母乳育児が順調に進んでいるんじゃないかな。



そんな風に、いまだ”非常に手が掛かる"ベビーちゃんだけど、
それでも、赤ちゃんだもの、ぐっすり寝てくれている時もあるので、
そういう"鬼の居ぬ間”(?)に、
家事全般と、通信教育の勉強を、自転車操業的に
進めているところなのだ。

本

ところで、今取り組んでいる通信の課題は、「老人福祉論」。

書いてあることは、ニュースで何度も目にして、
雰囲気としては「そういうもんなんでしょ」と理解している
つもりの内容が多い。

だけど、改めて文章の形でしっかり読み直していくと、
最近の社会の抱える問題を、改めて考えさせられる。


例えば、「敬老思想とエイジズム」

テキストから、ちょっと抜粋してみると、こんな感じ。

-------------
わが国には、儒教思想の影響から年上の者を敬う文化がある。
とりわけ高齢者は、経験豊富な知恵者として敬われ、その長寿は
社会全体から祝福されるものであった。
しかしながら、技術革新や情報化が進む現代社会においては、
高齢者は必ずしも尊敬の対象とはならず、時として、
高齢であるがゆえに差別され、社会的な不利をこうむることがある。
-------------


なんて、書いてある。

そのほかにも、「高齢者をとりまく社会環境」として、

-------------
わが国においては、欧米先進諸外国が経験したことがないほど
短期間のうちに極めて高度な高齢が進行する。このような
高齢化の状況に対応する社会的・経済的システムを急速に
整備していかなければならない‥
-------------


とか、

-------------
現代では、結婚年齢、長子出産年齢が遅くなる一方で、
出生子ども数が大幅に減少しているために、末子を
産みあげる年齢は逆に早まってきている。
-------------


とか、

-------------
近年の女性の労働力曲線は、アメリカ型の「台形型曲線」
には遠く及ばないにしても、従来の20代後半から30代前半
を底としてきた鋭角の「M字型曲線」から徐々にではあるが
なだらかな「M字型曲線」に変化してきている。
-------------


とか。


少子高齢化とか、女性の社会進出のような極めて現代的な問題や、
介護保険の内容のような実質的な知識まで、
そういうものが改めて頭で整理できるのは、なかなか楽しいかも。

ベビーちゃんの「かまって、かまってー」がしょっちゅうなので、
遅々として進まないけれど、今は何にも増して、
ベビーちゃん優先!
の生活だから、それでも良いのだ。
ママの気分転換は、育児の精神面で間接的効果をもたらすとしても、
それはやはり二の次なのだから。

ハートたち(複数ハート)

*****************************

ママの膝の上が好きで、
おまけにその状態で「いあばうあー」(乳幼児特有の"反り返り”)も
大好きなので、おまけに力が強くてよく動くので、
万が一のために、
「ピンクのハートまくら」
を防御線にしながら、いつも通り、指定席でおねんね♪


060609_142547_Ed_M.jpg


今日は雨降り。雨

スリングで、近所にお散歩もできず、
じめじめの中で洗濯物に囲まれているので、
いかにも6月だなーって感じがする。
posted by charles'wain at 14:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

屈辱の‥

池袋のお家では、基本的に、パパがお風呂当番。

そして、今日は、今週初めてのパパの”お泊り出張ディ”。

なので、記念すべき、
”ママの池袋のお風呂入れデビュー日”だったのだ。


ホント、すごく記念になったわー。


ココまで言うと、想像つくと思うけど、


風呂桶の外で、お尻を洗ってあげたときはね、
何ともなかったのに、

そこで一生懸命”刺激”しておいて、
時間をおいたつもりだったのに、

湯船にいれた瞬間に、すぐによ、


大っきなの、されたよー。

豪快にー。

ああぁぁぁー。



被害者第一号は、私‥?!がく〜(落胆した顔)



そんなわけで、今日は、
ベビーちゃんの入浴タイム終了後、
ママは、何時もにも増して、念入りに、
体中を磨きに磨きながら、
長めのシャワーを浴び、身を清めたのだ。


ちっ(怒った顔) あーめん。

*******************
たわいないメモメモ‥。
*******************


某赤ちゃん情報サイトで、
「子どもは、何人欲しい?」の投票コーナーがあったので、
適当に、”2人”に投票してみた。

結果を見ると、2人と答えている人は、約4割。
3人と答えている人が、4割5分‥。

お金の問題も無くは無いけど、
やっぱり、兄弟いたほうが、子ども多いほうが、
楽しいよね!という考えの人が多いんだなーと
改めて思った。

**************************************

池袋のお家のソファは、海老名の実家のソファと高さが違うので、
最近は、授乳クッションとして、
ミニサイズの、ミスドクッションを愛用中。

heart.jpg

ピンク色のハート型まくらみたいで、ちょっと可愛い。

**************************************


オムツかぶれ対策。

保健所の人の説明によると、
例えば、座浴とか、シャワーとか、ひたひた脱脂綿などのワザを使わず、
市販のおしり拭きを利用する場合には、
ゴシゴシ拭くのではなく、
女性が化粧水や乳液で肌を潤すときのように、
”パッティング”をするのがポイントとか。

これは分かりやすい。


**************************************


最近、抱いているときに、
ママの口を使ってちゅっぱちゅっぱ等の音を出してあげると、
ニコっと笑い返すことがよくある。
最初は、たまたまだと思っていたけど、
どうやら、だいぶ見えてきたみたいで、
本当によく笑う。

「こーちゃん」と話しかけると、
「あうー」という声で応じることも多くなった。

何だかちょっぴり成長してきたみたいで、嬉しい。

**************************************


実は、保健所の人が来たときに、

「”コウキ”っていうお名前にしてしまったんですねぇ。
私の経験上、”コウキ”という名前の子は、
決まって、悪ガキで、夜寝なくって、てこずる子が多いんですよ。
お宅はどうですか?」

とか言われてしまった‥。

きっと責任とって面倒みてくれるでしょう、ダンナが(苦笑)


************************************** 
ドコモポイント 毎日が、新しい発見の連続ねぇ‥!

posted by charles'wain at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6200

晴れ 晴れ、お洗濯がキモチ良い。

今日は、お待ちかね、保健所の職員さんの訪問ディー。


お昼過ぎ、ベビーちゃんとご対面して、開口一番、

「あらあら、おデブちゃんねぇー」

ふらふら
‥第一印象、そうなのね。


早速、実際に量ってみると、
まだ2ヶ月にも達していないのに、既に6200グラム‥。


「よく動いているし、力も強いし、
出るほうも活発みたいだし、
そういう意味ではあまり問題は無いけど、
太りすぎには注意してねー」


とのこと。

よく動いているとか、そういうことも、ちょっと見ただけで
分かっちゃうなんて‥。さすが経験豊富。


栄養状態について訊かれたので、
最近、ミルクあげを覚えたダンナが、
何か私の寝ている間とか、ママを休ませて助けようと、
ミルクあげてくれているみたいで‥と言ったら、

「こんなブクブクした子に、ミルクなんか足しちゃダメ!

だんなさまにも、よくよく言っておくのよ」


と、早速、"指導”が入る‥。


どうやら、泣くたびにミルクを足してしまうと
余計に太り体質になってしまうので、
泣いたら、その分、抱いてあげたり、お散歩してあげたり、
他の刺激を与えて気分転換させなきゃダメだとのこと。


”パパ”が、積極的にミルクを与えてくれようという姿勢、
全般的に、育児に対してとても協力的なところは、
大方ホント助かっているんだけどね。


なのに、それが悪影響となってしまっては残念なので、
して良いこと、すべきことと、そうでないことと、
初心者パパ&ママとして、一つずつ覚えていかないと
いけないなーと改めて感じた。


そうだよなあ。ちっ(怒った顔)

母乳だけで、ただでさえ肥え気味の赤ちゃんに、
母乳不足でもないのにミルク与えても、
ますます太るだけだよなあ‥。
あと、下手にミルク慣れしちゃって、
逆におっぱいを飲まなくなってしまうのも嫌だし。
気をつけなくちゃ。




さらに、顔周り、首周りがちょっと肌荒れ気味なのを見て、

「ああー、これはすでに”あせも”の症状、出てますねー。

頭にも、脂漏性湿疹が出掛かってますねー。

ほら、何か、おじさんくさい匂いがするでしょうー。

ただでさえ、太っている子は、汗かきやすいのは、ご存知でしょう」


なんて、結構容赦ない言葉を次々と並べられたりして‥。


ちなみに、こういう湿疹に対するケアとしては、
こまめに、湿らせたガーゼで顔周りを拭くこと、
夏だから、時々、軽く行水させること、
なんかがいいんだとか。

分かっているんだけど、ついつい面倒で‥。
これからは、ますます暑くなるし、気をつけようーっと。


その後も、

「この子は、太っている割には、体をよく動かすので、いいですね。

どんどん、お散歩とか、外出に連れて行ってあげてください」


みたいなアドバイスとか、ぽっちゃり体型に対する言及は続く‥。



帰り際にも、

「とにかく、母乳でこんなに立派に育っていることは良いこと。

成長具合もいたって順調ですねぇ。

ただ、『この子には、ミルクは、いいです!』と、

くれぐれも言っておいてくださいよー。

他の泣き止ませ方を覚えてもらってくださいー」


と念を押されてしまったし‥。


まあ、成長曲線の範囲内だし、
今後は、少し、「ただ増えりゃ良い」じゃないことだけは、
注意するとして‥!


それで、ならば‥と、アドバイスにしたがって、
早速、スリングに乗っけて、
近くのコンビニでの支払いと、
スーパーでの夕食買出しに出かけてみた。


スリングの中の適度な窮屈さが良いのか、
またしても、ベビーちゃんは、心地良さそうに夢の中‥。


それでも、さすがに6キロはそれなりに重くって、
短い時間だったけど、家に帰ってスリングから下ろしたら、
肩がすごく痛いのねー。
スリングしょっている間は意識無いんだけど。
これからは、ベビーカーにも頼らなきゃだよなぁ。


そうそう、今日はそれ以外にも、
ママが夜眠れるための手段として、
赤ちゃんを適度に運動させて疲れさせるために
「うつぶせ」にするのが効果的だと教えてもらう。


‥こう言っちゃ、何か申し訳ないんだけど、
うつぶせでじたばたする様子って、何だか”昆虫的”で、
観察対象としては極めて興味深いと感じてしまったよ。


********************

今日のベビーちゃん。

指ちゅぱちゅぱ。

おなかが空いてくると、特にこれが激しくなるのね。

060607_103542_Ed_M.jpg
posted by charles'wain at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

池袋の戦い―初戦。

ようやく池袋に到着。

早速、保健所から連絡があって、
今週中に、ベビーちゃんの体重を量りに来てもらうことに。

ちょうど、2ヶ月くらいになるし、
どのくらい増えているのかが、ちょっと楽しみね。猫


今までサボっていた、お食事つくりとお洗濯などなど、
家事全般に復帰しつつ、ベビーちゃんのお世話となると、
今度こそ本当に、悠長にネットで遊んでいる余裕が
なくなってくるのかも‥。


それでも、すっかり和食党になって、
焚きたてご飯を食べるのも楽しいし、
あれこれ、白米にあう和食レシピを開拓するのも楽しいし。


そもそも、旧OL時代から、実は、
「美味しいランチ食べに行こう♪」
みたいな風潮にはあんまり興味なくって、
雑誌とかで話題になっている有名ランチを並んで食べるより、
自分で好きな材料買って、レシピ考えて、
家庭の味、出来立ての食事こそが本当に美味しいと感じるタチらしくて‥。

お鍋やフライパンで調理している間、
だんだん、食材がいい色に色づいてきて、
それにともなって、幸せな香りが立ち込めてくる、
あのささやかな幸せが、またいいんだよなぁー。


だから、少なくとも、それは休職中の幸せ!
だって、外で昼ごはん食べることなくて、
朝、昼、夜、三食自分で好きなように作って、
出来立てを食べることができるんだもの!


モバQ

ところで、昨日は、ダンナと一緒に、予定していた
"ミルク講習会”を実施。

具体的には、
ダンナが、調乳して、授乳して、その後の消毒もして、
ママはその代わりに、搾乳&母乳冷凍保存
という一連のアクションを試してみたのだ。


パパの授乳はいたってスムーズで、
ベビーちゃんは、もくもくと哺乳瓶をハグハグしてくれたので、
ママとしては一安心。
だいじょうぶとは思っていたけど、哺乳瓶の乳首を
受け付けない‥なんてことだと、
この先結構大変になっちゃうから。


その後、容器の消毒も、ダンナが驚くほど手際よく
行ってくれたので、これまた一安心。ありがとー。


さて、順調ではなかったのがママのほうで‥。


初めて触る「手動搾乳器」。
工作に弱いママが、何とか組み立てて、
説明書通りに動かしてみるものの‥
哺乳瓶に全然溜まらないよぅ‥。


それを見かねたダンナが助け舟を出してくれて、
説明書を改めて読み返したり、あれこれやり方を変えてみたり。
そして、どうやらポンプの押し方が下手ということに気づき、
それを改善しつつ、何とか100mlを搾乳。


ただ、コツは分かったんだけど、
元々、異常に握力の無いママだけに、
とにかく手動ポンプが思うように扱えないのだ‥。


まあ、今後特に搾乳することは少ないと思うので、
わざわざ高価な電動を買うことは無いので、いいんだけど、
この先も、搾乳には、なかなかてこずりそうな予感が。


そして、その後、何とか獲得した100mlを、
またしても一から説明書とにらめっこしながら、
母乳冷凍パックに無事閉じ込めて、

THE END.ぴかぴか(新しい)

reito.jpg


ママの手際があまりにも悪くて時間がかかったので、
その間に、パパがベビーちゃんをお風呂にまで入れてくれて、
助かった、助かったー。


ドコモポイント

それにしても、この土日、
ベビーちゃんの昼夜逆転は基本的に直らず、
昼間はおとなしいくせに、夜は覚醒!!


ただ目が開いていてぐずぐず程度ならいいんだけど、
特に日曜日は、わんわん泣き喚いて止まらないから、
近所迷惑じゃないかと、ハラハラしてしょうがなかった!


しかし、土日とも、その大音量の中、
隣の寝室で熟睡しているダンナ‥。

眠れなくて不機嫌になっているのかと思っていたのに、
全く起こされなかったと後から聞いて、さすがに驚いた。


ママとしては、ベビーちゃんのせいで眠れなくって、
普段の仕事に響くのではと気にかけていたので、
起こさないで済むのは、ある意味非常に心休まるんだけどね。

良かった、良かったと思いつつも、
あの騒音の中で熟睡できるダンナ(実は予想できたことだけど‥)は、
改めて、ある種の"大物”だと、感心してしまった‥。


とにかく、池袋に来て初の週末。
何事も、それなりに順調に運んでくれて何より!

わーい(嬉しい顔)
posted by charles'wain at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

最終日の雑感

いよいよ、みんなにお世話になりっぱなしだった里帰り出産最終日。


♪ ?時ちょうどの ラフェスタ号で、
  私は私は私は 田舎から 旅立ち〜マス〜


里帰り出産って、産後疲労の溜まっているママの
慣れない育児の助けのために有効と言われていて、
実際そうなんだろうけど、いざ体験してみると、
何度も繰り返しているように、
「両親(特に母親)のありがたさや子育ての素晴らしさを
身にしみて感じる期間」
だったと思う。


それこそ、里帰り出産の最大のメリットは、
自分が育ててきてもらったことへの感謝の念を
強く感じて、「親が、子を生んで、育てる」
と言うすごく根本的で自然的な営みに対して
改めて深く考える機会となることじゃないかなあ。

うまく言えないけど、ちょっとだけ謙虚になるような気がする。


例えば、カイシャみたいな場で、尊敬できるような上司がいて、
その働きぶりや成果を見て、すごいなーと思う。
そういう場合の成果って、目に見えやすいものだと思うし、
これこれこうで、こういうところが素晴らしいんです、と、
比較的説明しやすい。


だけど、出産やその後の育児の過程において、
「親が子を育てることって、すばらしい」と感じるとき、
それは、何と言うか、感慨はものすごく深いけど、
何がどうすばらしいのかとか、
整理して、形として説明するのは、ちょっと難しいような。


もちろん、赤ちゃんの生後すぐの貴重な時期に
パパとの接点が多少疎遠になってしまうデメリットもあるけど、
それは、その後またすぐに一緒の生活を再開してから、
十分補えるような気もするし。


あと、サブ的に良かったなーと思うのは、
里帰り期間中に、それこそ子どもの頃お世話になった
近所の方々に、お祝いのメッセージやプレゼントをいただいて、
久々に、懐かしい話に花を咲かせる機会にも恵まれたことは、
とっても楽しかった!
やっぱり、フルサトはフルサトなんだなーと、改めて感じたもん。
居心地良かったし。


そんなわけで、里帰り出産をして、
ひいては、「出産」という一大イベントを体験して、
一番幸せだったと思うことは、
そういう親子の関係の素晴らしさを実感できたことだと思う。


巷ではちょうど、出生率低下云々が
大きくクローズアップされていて。


もし、生まれてきた人間誰しも、
出来る限り立派な成果や業績を残すべきと言うのであれば、
その局面だけを考えた場合、
子育てと言う生物学的営みに費やす時間も、
自身の何がしかの研究やライフワークのために回したほうが
効率はいいということになってしまう。
もちろん、それもアリなんだけど、
社会の発展、科学の発展とか、そういうものだけが、
人の存在価値だとか、個人の生きがいや幸せとか、
そういう類のものを規定するわけではないんじゃないかとも思うし。


まだ全然スタート地点にいて、
こんなことを言うのはどうかとも思うけど、
出産や育児はとても素敵なコトだと思う。

その時期をどこに持ってくるかは少し難しいと思うけど
(特に女性の場合)、
これは、いつを選んだ(選べないことも‥?!)としても、
どこかで若干の不自由や不都合は生じるもので、
あるラインでは妥協も必要なのかなーと
最近は思うようになった。


正直、個人的には、もう少し遅い時期でも良かったなーと
妊娠中から思ってなかったわけじゃないけど(苦笑)、
最近はそういうことは、あまり気にしなくなったのだ。

自分が予定していたのより(はるかに?)
早くこの”特別な期間”が訪れたということで、
出産や育児を若いうちに経験できるわけだし。
特に育児、これは体力勝負なのは間違いなくって、
これはやっぱり、若い方が何かと良いというのは、
ひしひしと感じているところだし‥。

また、何かにつけて、親身になって援助してくれる両親だって、
経済的にも、肉体的にも、若いうちのほうが楽だろうし。

結局、出産や育児、仕事との両立で、
100%満足する答えや環境を導き出すことは
殆ど不可能に近くって、
メリハリつけて、重視する要素、妥協する要素、
その辺をうまく調整して、そして
結局のところは、本人たちがどのように考えるか次第
なんだろうなー。



うちの”家族”は、これからが勝負ですー。
素敵なカテイにしたいですー。
がんばりますー!!!
posted by charles'wain at 09:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

ケータイカメラ

”文明の利器”みたいなモノって、どうも苦手。ふらふら


携帯も、持たないほうが身軽ーと当初は思っていて、
周りが必要だってうるさいから持つようになったんだけど、
こういうの、やっぱりあまり好きじゃなくって、
以前から、部屋に置きっぱなしとか、何日も充電しないとか、
横で鳴っているのに知らん振りとか
(これには、さすがに、以前の同居人=弟 が驚いていたけど)、
その程度の扱いになってしまうんだよね。


欧米にいけば、そういう考えの人もいるらしいけど、
とにかく、あの細かい画面のぞいたり、
文字を打ったりするの、鬱陶しくて嫌いなんだよねー。

メールだけじゃなくて、電話にしても、
「手で同じ格好でずっと持っているのが疲れる」
という理由から、やはり好きじゃない。


そんなわけで、「携帯どーでもいい」族として、
古い機種を長年使っていたけど、
さすがにバッテリーが持たなくなってきて、
メチャクチャ面倒くさかったけど、重い腰を上げて、
昨年の夏、”機種変”をしたのだった。


そこで初めて、”カメラつき携帯”なるものを手にしたんだけど、
正直、小さな写真に撮っていつでも楽しみたいと
思う対象もなければ、そういうことを趣味にしそうもなくて、
初めは、ホント使う気配すらなかったくらいで。


だけど、今になって、この携帯カメラ、すごく便利だなと。

朝から晩まで24時間365日、飽きるほど、
ベビーちゃんとどこまでの一緒の私はいいとして、
他の家族、親戚、知人など、みんなに、
日々の成長の様子を少しでも伝えることができるんだもの。


豪勢なケーキとか撮影しててもそのうち飽きそうなものだけど、
千変万化、奇妙奇天烈のベビーちゃんの表情を
キャッチするのも、それを人に見せるのも、とにかく面白い。


携帯電話

今日だけでも、イロイロ。


おっぱい飲み終わって、「ふぅー、ゴキゲン」のとき。

ninmari0601.jpg



ママがマラカスやガラガラで音遊びをしてあげて、楽しそうなとき。

gokigen601.jpg



さらに、スパルタママは、

「もうすぐ、2ヶ月だから、そろそろガラガラ握れるんだよね?」

と、強引に持たせてみたり。

garagara.jpg

#隣で見ていたばぁばから、「半分いじめだよ‥」とのツッコミも‥。


でも、池袋のお家には、良く考えてみたら、
ポンコツPCが一台あるのがいいところで、
実は、デジカメもなければ、プリンタもないし‥。

#今までは、パパママが各々実家の所有物を借用しまくっていたわけで‥。


やっぱり、欲しくなるのかなー。どうなんだろう?


とにかく、時代の流れを全く気にしないというか、例えば、
未だに、プラズマや液晶欲しい?と訊かれても「別にぃー」
と言う感じなんだよなあ。


それよりも、今の自分にとって優先順位の高いものは、

 1に 安眠
 2に 安眠
 3に ウォッシュレット
 4に 人様に出せる食器
 5に やっぱり安眠

とか‥かなあ?
posted by charles'wain at 16:49| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊島区民

今週末に帰る予定の「上池袋の分譲マンション」

住み始めたのは、10月末。
できることなら、東池袋あたりも便利でいいなと思っていたんだけど。

「いけぶくろネット」
http://www.ikebukuro-net.jp/
の2006年5月31日の記事見ると‥。


元々豊島区民だったママは別としても、
パパは隣の区から移ってきたんだし、

このご時世に、貴重な人口一人増やしている し!

大いに貢献しているじゃありませんか。目 ねぇ。

偉いなー。

なんて優秀(?)な家族なんでしょ♪
 おだちんでもちょーだい!


#別に”優秀”なんじゃないけど豊島区から感謝されたい気分‥(笑)。


満月

そうそう、お天気のせいで、
せっかくのお宮参りがきちんとできなかったので、
そのうち、鬼子母神に出かけたいよなぁー。

子育てもなか、買わなきゃ♪食べなきゃ♪ 猫

************

あまり、子どもに対して親の思い入れを押し付けたくないけど、

「何か、楽器さわれたら面白いんじゃない?」

くらいには思っていて、音楽に触れさせたいとは思っているのね。

飽きちゃったり、子どもが嫌がったりしたら、やめればいいし。

それで、バイオリンとかピアノとか、どっちかと言うと
クラシック的な世界を思い浮かべているんだけど、
でも、もしかしたら、
彼はラップが好きなのかも知れない‥。



musician.jpg
posted by charles'wain at 10:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。