2006年05月31日

ミルク、もったいない??

ふらふら
母乳育児ママにつきものの(?)問題。


「粉ミルクが余ってしまいましたー。
もったいないけど、どうしましょう?」



未開封ならまだまだ保存できるんだけど、
1ヶ月検診のとき、ママの検診もあるので‥と、
予備に粉ミルクを持参したのだ。
そのため、持て余すのを覚悟で、小缶を開けたのだ。


その後、予想通り、使う機会もなく、
ほぼ満杯の粉ミルク一缶が、
今、まさに賞味期限を迎えようとしている‥。


060531_182252_Ed_M.jpg

ちなみに、その1ヶ月検診時も、
結局、母乳のタイミングがうまくいったので、
粉ミルクの出番はなかったのね。

それで、用意した小分け粉ミルクは、
半分、ママのおやつになって、半分は捨てたわけ。


ネット上でも、よく、余ったミルクの使い道に関する
議論がああだこうだとなされていて、
一番メジャーなのが、離乳食に使え、というやつ。


でも、離乳食前の月齢の低い赤ちゃんの場合には、
そうもいかないので、しょうがないので、
大人の料理に使うか、大人が飲むか、
ということが提案されたりする。
だけど、経験者が「美味しくないから、捨てたほうがマシ」
みたいなことを言っているケースが殆ど。


私は、飲む(&粉末状態でちょっぴり舐めて楽しむ)ことは、
必ずしも大人の味覚で拒絶まではいかないと思うんだけど、
確かに、好き好んで食すかと言えば、
‥‥‥
どうなんだろ?


目

とりあえず、ダンナには、

「6月は、しばらく、牛乳の代わりに粉ミルクねー。

あと、粉ミルク料理オンパレードになるから、

楽しみにしててねー」


と、既に予告済み。

これは冗談なのか、本気なのか‥?!

exclamation×2

***************

ベビーちゃんは、最近、以前にもまして
「おしゃぶり」が激しくなった。

自分の指はもちろん、抱いてくれる人の体、
身の回りのガーゼやタオルなど、
顔に触るもの全て舐め舐め‥。

osyaburi.jpg
posted by charles'wain at 21:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

お料理、お料理♪

実家のママは、さすがに料理が上手なので、
遠慮なく毎日ご馳走作ってもらっていたけど、
池袋に戻ったら、また食事当番再開しなきゃ。


上手いヘタは別として、
好奇心旺盛だし、食べることは基本的に好きなので、
料理はそんな嫌いじゃない。


だから、今、考えていることは、
池袋に帰って、どんな献立にしていこうかなーっ
という構想などなど。


今までは、カイシャ帰りで大変だとか、
休職し始めても妊婦で疲れるだとかを理由に、
鍋やカレー、●●の素で作るお手軽手抜き料理が
多かったもんなー。
あと、個人的な好みでエスニックとか‥。

でも、こうした料理は、必ずしも乳腺に
良いものばかりではないのよね。

特に、刺激の強い食事とか‥。

最近、和食に嵌りだしたのを機に、
これからは、和食中心の
お米を美味しく食べられるような健康的メニューを!
と考えているわけ。


そんなことを話していたら、
ママが和食の基礎の本を買ってきてくれた♪

hajimete.jpg


ベビーちゃんのお世話でていっぱいで、
落ち着いて料理している余裕なんてないかもしれないけど、
たまにお世話が楽になった時とか、
ここぞとばかりに作って、できることなら冷凍保存して‥
なんて考えてみたり。


そんな風に、家事の時間がとれなさそう‥
という状況も想定して、
短時間で楽に出来るお手軽レシピの本も
ついでにプレゼントしてくれたのだ。

『くり返し作りたい!
奥薗流 簡単・激早レシピ』


okuzono.jpg

このヒト、今が旬というか、人気があるらしいけど、
恥ずかしながら、今回、初めて知ったんだよねぇ。

#とにかく”新しい情報”に疎い私‥。
#サッカー選手といえば城、
#名クローザーといえば(クルーンよりも)斉藤明夫、
#みたいな感覚で毎日生きてます‥。
#どうも、古いDATAがいつまでも健在のようで。



ところで、こんな本もあるみたい‥。
今度買ってみたいなー。

#少〜し、気が早いような‥?!

奥薗寿子の子どものごはん―じょうぶに育つ簡単レシピ奥薗寿子の子どものごはん―じょうぶに育つ簡単レシピ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 奥薗寿子の子どものごはん―じょうぶに育つ簡単レシピ
[著者] 奥薗 壽子
[種類] 単行本
[発売日] 2002-11
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


こんな方だとは、全然知らずに‥。

『なべかまページ』
http://www.nabekama.jp/

とりあえず、せっかくの機会なので、
まずはそのユニークレシピをたくさん試してみたいな!


そういえば、最近、色んな種類の個性的な
「料理研究家」の方々が出てきているような気がする。
栗原はるみさんとか、村上祥子さんとか、有元葉子さんとか、
昔っから馴染みの”大御所”的な方々に加え、
非常にユニークで個性的な人が増えているような気が。

とにかく色んな場面で、”料理研究家”と呼ばれる人々を
目にするようになったと思う。
それだけ、様々なメディアに、特にテレビに
どんどん進出するようになったということかなあ。
これからは、幼児番組と料理番組ばかり観そうな予感‥。

#加えて、福祉系の番組にも元々関心が大きいので、
#教育テレビ三昧ってことかぁ‥?!



個人的にはね。
テレビで見かけるときの明るさや料理の面白さの面から、
平野レミさん、大好きなんだなぁー!


また、レシピの個性派度では、最近は、マロンさんの
レシピにも興味津々だなぁ。
グッチ裕三さんとかケンタロウさんとかもそうだけど、
男の料理も発想が大胆で、そのくせ繊細なところもあって。
面白いし美味しいよね!

ここも大好きー!わーい(嬉しい顔) 『marons.net』
http://www.marons.net/

ドコモポイント

なぁんて、色々思い浮かべていたら、
‥‥‥
お腹すいてきちゃったよう!

特に、何だか、沖縄料理が食べたい気分が‥。

”お家”に帰ったら、ひらやちーにでも早速トライしてみよっかなぁ。

パパにも、また”ちんびん”でも作ってもらわなくっちゃね。

わーい(嬉しい顔)

*********************

久々に、オーソドックスな一枚。

気持ち良さそうに、おねんねです。

またしても、昼間に、グーグーと、
それはそれは良く寝てること‥ (夜が怖いっ‥!)

060530_110418_Ed_M.jpg
posted by charles'wain at 12:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

「育児専念」−例外許容範囲は‥?

昨晩、授乳しながらテレビ見てました。
(少なくとも、授乳に集中すべき「ママのツトメ」上は、
好ましくないと指導されるれるわけだけど‥)

F1モナコ。

いい感じの位置につけていたウェーバーがリタイアする瞬間、
怒りをあらわにしていたのが印象的だった。

せっかく今度こそチャンスだったのにー!
という感じの無念さが良く伝わってきて。


そして、その姿を見ながら、
”ベビーちゃん”を始めて”認識”した頃の、
去年の自分の姿をちょっと思い出したりした。


うーん。その頃の自分と言えば。
苦労して環境や仲間を作ってきて、
やっと良い感じに軌道に乗ってきたところで‥、
突然全てを放棄&休止しなければならない状況に直面し、
かなりフラストレーションが溜まってしまって‥。
自分の問題なのに、それを自分でコントロールするのが大変で。


「大地震が来て、環境が一変したと割り切って諦めろ」
と自分に言い聞かせてみるものの、
どうも、何かあると”現状維持”に対して未練タラタラで‥。


それで、悩んだ末、「完全放棄」にだけはならないような
最低限の繋がりだけは、維持しようという方向にしたのだ。


もちろん、子どもが出来たら、
例えば子どもの体調一つで動きがとれなくなるので、
とにかく、一人で介助を請け負うようなシゴトは
一切引き受けられないし、当座引き受けないということ、
それと、演劇関係の交流など、
自分のこの先のコアになる生き方そのものとは
直接的には関係ない娯楽的要素の強いものは、
しばらくお預けということは、割り切ったんだけど。


それでも、せっかく築いてきた仲間や信頼関係を、
そういうもののために少しずつ頑張ってきたことを、
全て失う、忘れるということには抵抗が強くて、
たまに、そういう関係の人とプライベートであったり、
自由参加の集いに顔を出してみたり‥、
その程度でかろうじて「繋げて」おくことで、
精神面のモヤモヤを何とか解決するつもりだったのだ。

たまには、ダンナや他の家族に預けたり、
保育園においてくればいい、
そう考えていたのだ。



だけど、実際、ベビーちゃんを迎えてみると、
「理想と現実のギャップ」をつくづく感じて、
悩んだり、悶々としたり、
そんな日々の連続になってしまって。


平日にしかできないような、
ちょこまかした用事は何だか溜まる一方で、
それも頭の片隅で気になってすっきりしないし‥。


そして、そういう事務処理的な事柄以外に、
「産前の自分」の延長上のことを、少しは行いたいと思っても、
これがホント難しい‥。


まず、ベビーちゃんを預けにくい。
これは、物理的な要素と、ママの心理的要素と、
どちらもあるような。


ママ以外の人にも、絶え間ない日常の流れ、
仕事、プライベートがあるわけで、それを中断させて
あからさまに「お願い!」というのは気が引けるし。
相手が明らかに余裕ある時とか、そういうのならまだしも‥。


今までは、実家だったし、ホント新生児で大変なんだから
多少我侭言っても許されるだろう‥(”多少”ではなかったけど)
という気持ちで、やたら無理なお願いもできたけど(すみません‥)、
そんな至れり尽くせりの実家をいざ出てしまえば、
いい加減、ママとしてひとり立ちしなきゃいけないし、
そんなこと言ってられないわけ。


現実問題として、元の”ホントの”お家に戻れば、
身近で助けてもらえる可能性のある「周囲のヒト」の
コマ数(?)は一気に減るし(やはり実家も少し遠いし‥)、
クルマもないから、行動パターンや範囲が制約されるし、
パパのお仕事も忙しいし、出張勝ちになっちゃうし、
‥‥‥
少なくとも、自分で代わって欲しいその時にピンポイントで
頼めるようなことは、殆ど期待できないんだよね。
当たり前っちゃーそうなんだけど、
産前は、明らかに、その部分の認識が甘かったよなあ‥。


「周りに預けにくい、頼みにくい」という要素にも、
心理面がかかわっているのもそうなんだけど、
それよりも、問題なのは、
やはりベビーちゃんがかわいいし、大事だし、
ママの気分として、人任せにしては可哀想だし、
第一、元気におっぱいを飲んでくれているうちは、
欲しがる分だけあげたいし、あげるべきでしょう、
と思うのも当然で‥。


そんな具合に、
「外に出て、行動して、去年から中途半端になった部分の
埋め合わせしなきゃ。&
少しは今までの活動を継続したい。」
という気持ちと、
「しばらくは、ベビーちゃんのお世話してあげなきゃ。&
おっぱいあげたい。ずっと側で見ていたい。」
という双方の葛藤を生んでいるような感じで。


例えば、今でこそ、育休取得や仕事との両立が
社会的に進んでいるから、あまり気にならないけど、
「幼い時期から仕事に復帰したいという母親の
勝手で、赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱい‥」
なんて感想も、良く聞いていたし、
そういう気持ちになるのは当然と言うか何と言うか。


本来なら、もう少し月齢が進むまでは、
ベビーちゃんから離れずに、一手に面倒を見るべき‥と
後ろ髪を引かれるようなところはあるんだけど、
保育園の一時保育に乗り出してみることに。


今ある環境を最大限に活用しながら、
できるかぎり、全てのことが、そこそこ「うまくいく」ような
按配で調整できれば、それが一番なんだけどね!


ちなみに、まだ首の据わっていない時期から、
通信教育だとか、在宅で出来るボランティアワークなどを
こそこそやっているわけだけど、
これこそ、気分転換と自己満足のためにやってるようなもん。
やらないより、やるほうが、
ベビーちゃんに接するママの精神状態も良く、
育児上、メリットがあるんじゃないかと、本気で思えるから‥。

おっぱい育児のためには、ホルモンの関係から、
精神的リラックスも、おそらくは重要なんじゃないかと。


今のうちから、些細な悩み事がポツポツ出てきているということは、
育児休暇あけて、正式に勤めだしたら、
もっとハードな生活になって、色々な壁にぶつかるんだろうなぁ。
でも、それを乗り越えるのが、育児や、
育児とシゴトの両立の、それこそ醍醐味なのかもしれない。
その時はその時で、出来る範囲でがんばろーっと。


なんて、後で思い出して「そうかー」と感じるのも良いかと、
現在の戸惑いをとりとめもなくツラツラと残してみたんだけど。

******************

最近、おニュウのバウンサーに寝かせることが多くて。

それで、寝起きの眠そうな姿を撮ってみた。

neoki1.jpg neoki2.jpg

あくびやのびをしたり、怪訝そうな顔をしたり、
キキキーっというようなおかしな”声”をあげたり‥。

非常に、動物的だこと‥!
posted by charles'wain at 16:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

あの瞬間

来週の土曜日は、朝からいよいよ
ベビーちゃんのお引越し!車(RV)


色々あって、色々感じて考えて、
何だかとっても貴重だった、
長くて短い、2ヵ月半。


住み慣れた海老名の実家に帰った時は、
おっきなスイカ抱えて、動くのかったるそうな
”自由奔放迷惑里帰り娘”
だったのに、出る時は、すっかり別人。
一応、ママになってしまったので‥。


先日、たまたま実家に帰ってきていた弟が一言。


 「すっげー。

 シホが育児してるよーーー」


ふらふら

ハイハイ‥、
似合わない、ガラじゃないのは、良く分かってるのですが、
そんなこと、言ってられないんですよ‥。



すっかり身軽になってしまったせいで、
以前の、無茶な予定や計画をたてて、
無謀な言動で周囲を色々厄介に巻き込む
とんでもないヤツが復活してしまったような‥。
みなさま。ごめんなさい。。。
今も、今までも、そしてこれからも‥。



大事な宝物のベビーちゃんは、
ようやく表情も少し豊かになって、
発生する”音”にもバラエティが出てきて、
疲れるだ、大変だと、何だかんだ言っても、
側で見ていて、

かわいいーーー!!


そう。我が子はやはり可愛いのだよ。

ハートたち(複数ハート)


それにしても、やたら”濃かった”この里帰り期間、
とにかく色んな印象的なシーンがあったと思う。


かわいい 入院中の食事のおいしかったこと。

鵜飼亭のコックだった人が作っているとかどうとか。
特に和食メニューがものすごくおいしくて、
お陰で、退院する頃には、すっかり和食党に転身。

基本的に好きな料理を作るから、
池袋に帰ってから、きっと、調理メニューも変わって来るんだろうなあ。

母乳にも良いだろうし、和食中心の健康食は、
きっとダンナにも良いことでしょう♪


かわいい そして、痛感した母親の偉大さ。

私がどうあやしても、全然泣き止まないベビーちゃんを、
何度となく、器用にあやして寝かしつけてくれたばぁば。
ホントお世話になりましたー!

「母親、だめじゃん」と微妙にブルー入ったりして。
やっぱりキャリアの違いをまざまざと感じたし、
それ以前に”適正”問題もあるんだろうなぁーと
自分で分析してしまったよ!


かわいい パパとベビーちゃんの仲の良さも!

休日しかベビーちゃんに会えなかったパパだけど、
ベビーちゃんととっても楽しそうにじゃれ合う(?)姿が
非常に印象的で‥。
予想以上にサマになっていたので。
今後は、嫌というほど、遊んでやってくださいな‥。


猫

それでね。

この2ヵ月半の間、何が一番印象に残っているかって、
改めて考えてみたんだけど。

やっぱり、

産声を聞いた瞬間!

これに勝るものはないよ。


「赤ちゃん、生まれましたよー」
と言われて、少しインターバルをおいてから、

ほんぎゃーーー

って声が聞こえてきた瞬間、すごくドキッとした。

嬉しいとか、感激だとか、
そういう気持ちを整理している余裕もなくって、
ただ、

「あっ、聞こえた!」

と”意識する”だけだったと思うんだけど。

うまく説明できないけど、ホント、「何ともいえない」瞬間だと思う。
このときに、新しい生命の存在を、強く感じるのね。

この瞬間の衝撃は、ずっと忘れられないだろうなー。


********************

晴れ 「絵で見る ベビーちゃん NEWS」 !!! 


#そんなコーナーになっていたのか‥?!

池袋に帰る前に、ルンルン気分でバウンサー購入♪

bouncer.jpg


これで、自分で何か作業している間も、
近くにベビーちゃんを感じられて、嬉しい‥!


ゆらゆら〜 ゆらゆら〜揺れるハート
posted by charles'wain at 14:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

My "ケンコー" Boom 到来‥?

まだまだ豆乳も連日飲んでいるんだけど、
それ以外に、健康に良さそうな
飲み物に、色々嵌ってきている今日この頃。


豆乳の次にブームになっているのは、
「黒酢系ドリンク」 ! わーい(嬉しい顔)


例えば、

「鹿児島の黒酢ドリンク」

とか、

「アセロラ&玄米黒酢ドリンク」

とか、

「su.no.mo.」

なんかを、一日一杯は飲まないと
気が済まなくなってしまったのだ。

特に、夏とかに飲むのは、爽やかで気持ち良さそう!るんるん

多分、普通にアルコール大丈夫な人が、
冷たいビールで幸せになるのと、
ちょうど同じような爽快感を感じられるのがいい!


それから、他に愛飲し始めたものの一つが、
前にも紹介したハーブティの類。
特に、母乳に良いブレンドのものね。

今までそんな習慣なかったので、
ハーブティを楽しむための手頃なポットやカップがないのが悩みどころ。
やっぱり、ガラスの透明なポット&カップで味わいたいんだよね。

そのうち、暇を見つけて買い物したいなぁー。


さらに、今日届いた「たんぽぽコーヒー」。
これもホント美味しい!
確かにコーヒー風味という感じはするけれど、
それでいて健康茶のようなさらっとしたところがあって
思った以上に飲みやすいんだな。
なかなかのヒット!


次は、一体どんな健康ドリンクに惹かれるんだろう?!


授乳でとにかく喉が渇くから、
ベビーちゃんが一休みしているときに
落ち着いて、これらの”好物ドリンク”を味わうのは、
ホントささやかな幸せ。至福のひととき‥。


何か、とびっきり大きな喜びももちろん嬉しいけど、
こういうちっぽけな幸せの積み重ねも好き!

身の回りのほんの些細なことで
幸せな気分になったり、感動を覚えたり、そういう感じ方が、
いつでも、いつまでも、できるといいな。

*****************

生後1ヶ月〜2,3ヶ月くらいって、
人生で一番体重増加が激しい時期って
良く言われるよね。

おかげさまで‥ごくごく順調に”肥えて”きている
ベビーちゃん。うん、重い、重いよ。

ほっぺの回りが、だいぶ、余っているようで‥。

060525_185520_Ed_M.jpg


次に体重測定する機会が楽しみだな♪
posted by charles'wain at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

まいったなぁ

完全に昼夜逆転だ‥はあぁぁぁ(苦笑)


最近、決まって、ベビーちゃんは、
”大人の”夕ご飯が終わるくらいから「おめめぱっちり!」


しょうがないので、昨日なんかも、
夜の11時半から2時間、ばぁばに相手をしてもらって、
ママがお休み。
それからバトンタッチで、夜中の3時過ぎまで、
ママが授乳したりあやしたり‥。


ようやく眠ってくれたと思ったら、
また短いサイクルで「おっぱいちょうだいー!」
が始まって、満腹飲んでも、完全”覚醒”状態で、
「かまってかまってー!!」モードで、
ママが安眠できたのは(といってもやはり2時間程度だけど)
朝の8時過ぎになってしまったよ‥。


それで、”大人の”朝ごはんが終わるくらいから、
今度は、完全”睡眠”モードに移行して、
満腹になれば、ここでもあそこでもスヤスヤスヤ‥。


夜中に散々苦しめられているママとしては、
「それはないぜー!」と愚痴りたくなってしまったり‥。


そんな、ご機嫌のお昼寝ショット。眠い(睡眠)


hirune.jpg


犬

そうそう、今日は、ベビーちゃんがお昼寝している最中に、
嬉しいお祝いが届いたんだよね。


知人からいただいたミッキーのお洋服セット&がらがら。

かわいいー!! わーい(嬉しい顔)


ドナルドダックの「着ぐるみ」、早く着せてみたいなぁー。

kigurumi.jpg


可愛らしい男の子用の甚平も。似合うといいなぁー。

jinpei.jpg


もう一つ、親戚からは、手作りのプレイマットをいただいた。
手作り物も温かみがあって、いいよね。ハートたち(複数ハート)


cuilt.jpg

ありがとうございますー!!

********************************

今日も、ママの膝の上で長い時間過ごしていたけど、
その間、よく”笑った”顔を見せてくれたので、
見てて飽きなかったー。
足は疲れたけどね。

nokoniko.jpg
posted by charles'wain at 23:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

カイシャを思い出す

(私の)ママが、可愛らしい鎌倉のお土産を
お店で買ってきてくれた。

ajisai.jpg

鎌倉土産としてそれなりに有名な、あじさいの金平糖。

食べるのがもったいないくらい愛らしい‥
と言いたいところだけど、金平糖は美味しいし、
一口サイズでつまみやすいので、
すぐにあじさいを崩してバクバク食べていく私‥。

鑑賞している場合ではないのだ。
授乳ママはお腹がすくのだ!(苦笑)


鎌倉は、梅雨の時期(というか、あじさいの季節)に
よく友達と散歩したなぁ‥By神奈川県民。

海辺を歩くのも、反対側の八幡宮までの通りを
ウィンドウショッピングしながら歩くのも、
どちらもとてもお気に入りのコースで♪

以前は、決まって、紫いものソフトクリームを食べていたような‥。

またいつか、のんびりあの通りを歩いて、
美味しいものでも物色したいなぁ‥!

ふらふら

散歩といえば、最近、我が家では朝食時に、
誰が意図するわけでもないんだけど、
何故か、チャンネルがテレ朝にセットされていることが多い。
「ちい散歩」を観る機会が多くなっている。
http://www.tv-asahi.co.jp/sanpo/

ヘタな芸能情報やトーク番組よりは、
地域紹介番組は、まだ無難な気がするし。


最近では、やはり、”心の故郷”(?)国立を
特集したときが印象に残っている。
懐かしいなあ‥。


その「ちい散歩」の紹介コースなんだけど、
昨日の放映が門仲で、今日が月島。
どちらも豊洲のカイシャのすぐそばだし、
実際、ランチのお出かけや業後の飲みで、
よく行った所なんだよね。
そういう意味で、何か親近感があって‥。


もうちょっとお酒が飲めるタチだったら、
この辺の街ももっと開拓していたと思うんだけど、
昔から飲み会苦手だしなあ‥。

それに、元々もんじゃはあまり好きではないので、
特に食べたくなったりはしないんだけど。

だから、それらの街自体に愛着があって
懐かしい気持ちがするということは特にないけど、
ちょっとカイシャのことを思い出したり。
私が休みに入るちょっと前に”大量難民”と化した
喫煙族は、あれからどうしているのかしら‥?とかね。


カイシャを思い出して印象に残っていることは、
同じ部署の人と、合間合間に楽しいおしゃべりをしたこととか、
嬉しかった記憶としては、昨年秋のロビーコンサートとか。


いずれも”本業”じゃあ、ないですね‥。ははは‥(苦笑)


まあ、個人的に親しかったヒト、お世話になったヒトに
会いたいなーという気持ちはあるかもしれないけど、
カイシャが恋しくなったとか、シゴトがしたくなったとか、
そういうことは‥。



同じことの繰り返し、ある意味ベビーちゃんのペースに
振り回されっぱなしで主導権もとれない休みなしの生活。
これは確かに大変なんだけど、
数年続けてちょっとマンネリ化しつつあったカイシャ勤めに比べれば、
まだまだ十分新鮮味があるので!
まだ一ヶ月だし‥。

#この先延々と続くことを想像すると、さすがにゲンナリしそうなので、
#ある意味”目の前しか見ない”くらいのつもりで
#それなりに、のらりくらりと、乗り切っていこうかと‥。


犬

そして、話はまた、ベビーちゃんの生活モードに戻って‥。

#今の生活って、24時間で1日、7日で一週間、365日で一年‥
#なんつー、人間様が決めた”高度な”区切りとは無縁の
#ベビーちゃん主体の2、3時間サイクルで回っているのよね。
#なので、いやでもここに帰結してしまうわけで‥。




最近のメモメモ 猫 ― 産後ママの体調も楽じゃない!

ベビーちゃんとの母乳コミュニケーションのために!ということで
食生活を健全にしていることによるメリットは大きいけど、
毎回、授乳で無理な体勢とるから、膝と腰が痛くてしょうがないし、
夜中の授乳で睡眠不足、慢性疲労がたまりがちだし、
栄養吸い取られるから?ホルモンバランスのせい?
持病のアレルギーが悪化して、痒いし、荒れるし‥。


最初の頃は元気に行っていた母乳マッサージや産褥体操も、
数週間たつうちに、お世話だけで精一杯で、
全然余裕がなくて出来なくなってしまったしなぁ‥。
本当はやりたいんだけどなぁ‥。

そういう意味では、母体は必ずしも良好というわけにはいかないみたい。
育児はママの身体もすり減らすなあーと感じてしまった。


でも、疲れをためると母乳がまずくなってしまうので、
何とかして、うまく休息はとるようにしていかないとね。


多分、とりあえず母乳育児やるぞー!というのは、
一つでもそういう”柱”がないと、
疲れてなあなあになりそうなところを抑えるための
防波堤として、ある種の目標みたいに据えてるんだと思う。

(例えば母乳が良いとかいう)何らかの主義主張に基づいて、
理念をもって遂行する感じじゃなくてね。
できるだけ、がんばってみるかー、程度の一つのスローガンなのかな。
posted by charles'wain at 20:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

驚いたときに

育児ママの、しょーもない、ちょっとした”マイブーム”。


最近、家族と話していて、驚いたことがあったとき、

モロー反射

をしてみせるのが、癖になってしまった‥。


#きっと育児の疲れを悲しいジョークで紛らわそうという
#本能が働いているに違いない‥。
もうやだ〜(悲しい顔)


モロー反射って、つまりは、
驚いたように、バンザーイの形に、手を開いて両手両足を
びくっとさせるような原始反応のコトね。

育児経験あれば、誰でも分かると思うけど‥。


この反射、動きとしては、ちょっと面白いと思うんだけどな。


この時期にしか見られない(ハズ)なので、
存分に堪能しておこーっと。



ドコモポイント

ところで、うちのベビーちゃんは、
ママのゲップのさせ方がヘタなのもあって、
とにかく、強烈なおならを、よくするのだ。

それも、泣き喚く声にも負けないほどの大音量と風圧‥。

#うんちと一緒に出ることで、オムツ替えの
#「音でお知らせサイン」の代わりをしてくれて
#ある意味では、ひぢょーに便利だけど。



それで、ぐっすり、気持ちいいほどの熟睡だなーって
思うくらい寝入っているときでも、
やはり、おならが出ることがある。
それも、容赦ない、ものすごい音量で‥。


部屋を隔てていても、ばぁば&じぃじ&ママも、
その物音には毎回びっくりさせられて。

そんなけたたましい”爆音”なので、
自分で大きなおならをしておきながら、
当の本人もその音に驚いて、モロー反射を見せて、
その後、すぐ、何事もなかったかのように、また熟睡に入る‥。


‥‥‥。



何でもないようなこの一連の動作が、とにかく笑いを誘うんだな。
何だか、ちょっと冴えないからくり人形みたいで‥。


早くパパにも見てもらいたいものだ。

それどころか、動画に保存しておいて、
本人が成長した暁に見せてあげたいものだ。
つくづく。わーい(嬉しい顔)

#それは親の愛情や優しさなのか‥?!


********************************

今日は、膝がいたかったので、床の上でお昼寝してもらった。

060522_162146_Ed_M.jpg


お昼寝の最中、熟睡モードでない時は、
突然泣き声をあげたり(そして直ぐに止む)、
ニヘラ笑いをうかべたり、
白目をむいたり、
その表情がくるくる変わって、見ていて面白い。

usume.jpg

これは、薄目開けてるトコ。

モバQ
posted by charles'wain at 17:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ニンプジダイを振り返る

里帰り中の実家のサポートが手厚かったというのも
かなりポイントが高いと思うんだけど、
振り返ってみて、
妊娠・出産・その後の母乳育児と言う女性の”一大事”において、
いずれのフェーズもこれまでごく順調にきているのは、
それ自体ささやかな幸せであり、実に恵まれたことだと思う。ハートたち(複数ハート)


出産後、たまに、
「何が安産の秘訣だと考えますか?」
みたいな質問を、受けることがあった。

安産って言うより、結局誰にとっても、
”自分で満足のいくお産”が出来ることが一番!と思うのよ。
何が安産と考えるかだって、個人の感じ方次第だしね。


まあ、細かいことはいいとして、とりあえず、
そういう大満足のお産が経験できたわけで、


何が良かったか?


と聞かれると。



exclamation×2


ズバリ、


「運」


だと思う。
そう言いたくなってしまう。
いや、まじで。


とにかく、たまたまよ。
運が良かったことに尽きるのよ。

それに、敢えて付け加えるとすれば、
気負わずお気楽気分で毎日を過ごすこと、とか、かな?


そんな風に、毎日良好な精神状態で過ごすということは、
それは環境の為せるものであり、
突き詰めれば、ダンナ様やその他実家などの
理解と協力が優れていることになるんだと思う。



猫


ホントに、シンプルに言えばそういうことだと思うけど、
これだけだと、妊婦本人が何ら「頑張る」ことがないなぁ。

妊婦本人の自助努力(?)的なもので、
個人的に、「これはいいんじゃない?」と思うものって?

何だろ??



普通なら、真っ先に「ウォーキング」と出てきそうだけど、
いや、正直、全然歩かなかったし、
寧ろ「まあ!まだ待てっ!」と言う感じにのんびりしてたのに、
ベビーちゃんはするする降りてきちゃうし、
心の準備もないうちに、それとも確信が持てず、
陣痛は始まっちゃったわけだし‥。

どう考えても、一般的には、
早産を警戒する必要がなければ、
歩け!歩け!は妊婦の身体には良いんでしょうけど。


それ以外に挙げるとして、そもそも、
私が経験したものも凄く限られているから、
あんまり参考にはならないと思うけど‥。

そんな中で、強いて思い出してみると!


例えば、

マタニティスイミング に通うこと

ヨガ OR ストレッチ体操 を日頃淡々と続けること

食生活を楽しむ 体重管理も気をつけつつ‥


なんかが、”イイ要素”だったんではないかと。


これらのことは、今までの日記でも
度々言及してきたことだと思うけど‥。



●マタニティスイミング

それなりにお産の予行練習みたいなプログラムが組まれていて、
それを本番でそのまま実践するまではいかなくても、
実際に、お産の時に、スイミングレッスンの中で「体」で覚えたことは、
しっかりとしみついている感じだった。


”体で理解する”ことは、本を一生懸命熟読して
「お産の進行」を理解しようとするのより楽だし、
実際に良く見に付くものだと、実感したもの。


それに、レッスンの合間に熟年コーチが話していたお産四方山話や、
レッスン終了後の極楽サウナタイムで、
妊婦集って毒舌ホンネトークを繰り広げる中での
先輩ママの色々な体験談、アドバイスが、
お産およびその後の育児の時になって、案外参考になったりして。
これも、やはり本を読んで”文字情報”として覚えるより、
一連の楽しいおしゃべりの中から学ぶことのほうが、
ずっとずっと覚えていられるし、役に立つことも多いんだから。


そんなわけで、3ヶ月くらいだったけど、
マタニティスイミングは、通って正解!と、後でつくづく思ったのだ。



●ヨガとかストレッチの類

中学生になるまでは器械体操をやっていたこともあって、
元々好きなジャンルなのね。
とは言っても、元はそんなに体柔らかくなくって、
寧ろ硬いくらいだったから、
人並みくらいしか柔軟できないんだけどね。
クネクネで体のしなやかなヒト見ると、たまに羨ましくなる!


それで、気分転換に、風呂上りとか、寝る前とか、
ボチボチ続けていたんだけど。
やっぱり、お産の時に”使う”あたりを
日頃からやわらかくしておくのは、それなりに効果があるのかも。

そんなに体力消耗しないし、場所も選ばずに気軽に出来るので、
何かとお勧め。

何にも体動かさないと、ヘタにお腹すいちゃって、
ついつい間食‥みたいになっちゃうし、その予防にも。



●食生活(&体重管理)を楽しむ

あわよくば、「楽しくダイエット」みたいな感じで、「体重管理」も
楽しみに変えちゃうとベターだと思うけど。

体重管理について言えば。
確かに、15キロ増えようが20キロ増えようが安産と言う話も聞くし、
それほど神経質になることはないと思うのさ。

ただ、周囲の妊婦がこぞって気にするし、
太りすぎは危険!とあちこちで言われるし、
そうすると、あまり体重増加するとストレスになっちゃいやすいんだよね。

だから太りにくい食生活を開拓しつつ、
それをエンジョイすることも、
妊婦生活を楽しく乗り切るためには必要なことかと。


ただ、私、全然ガマンしてなくって、
身体を冷やすから良くない!と分かっていても、
しょっちゅう冷たい飲み物、とくに炭酸水とか飲んでたし。
たまには、気分転換で、ダンナとおやつに
スナック菓子やらドーナツやら食べてたし。

母乳育児中は、かなり食事の質には気を配っているけど、
良く考えたら、妊娠中は、そんなことなかったのかも‥。

妊娠後期に中性脂肪とコレステロールが高めとも
指摘されていたしなぁ‥(苦笑)。

ただ、臨月は、体重増えやすいと言われていたので、
低カロリーバランス食志向で過ごしてはいたけれど。

妊娠中、活動が限られて、鬱積するストレスやパワーを
発散する場も制限されてくるので、
食事でとことん楽しんでストレス解消するのが一番!


猫

なんて、適当に、イロイロと考えてみたけど、
結局は、好きなことしながらマイペースに、
ストレス溜めない”心身ともに健康”生活を送ることが大事、
というごくごくシンプルな結論に収束するだけ‥かしら?!


こんな風に暢気な生活を楽しめるのも、
多分「一人目」の時だけじゃないかな。

#そんな経験したことないけど(アタリマエか)
#よく、そんな話を聞くので‥


そう考えると、最初の妊婦生活って貴重で贅沢な経験かも。


猫

ちなみに、もし今後、また妊娠・出産という機会が訪れるとしたら、
その時に、何を頑張りたいか‥と言うと、

立ち会う可能性のある、あらゆる関係者に、

陣痛のがしマッサージ を徹底的に覚えてもらうこと、

そのための 教育を徹底 すること(?!)
 


でしょうかね。

ははは。わーい(嬉しい顔)

*********************************

今日は、お膝の上で、
とびっきりの”二へラー”を見かけたよん♪

060521_162059_Ed_M.jpg



ちなみに、昨日の写真は、
「パパの腕をチュパチュパ吸う」
なんだけど、それでほんとに満足しちゃうんだから、面白い‥!

#赤ちゃんにとっての最大のおもちゃは、
#パパやママの身体、動作や声だということを、
#最近身にしみて感じていたりして‥。
#何て、リーズナブル!!
posted by charles'wain at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

発掘。

ばぁば様は、「捨てるのがヘタ」なことで有名‥。

色々な思い出がつまった品を、
どうしても捨てることができないタチらしいのだ。

普段は、「だから物が多い」とか、「部屋が片付かない」
などと、どちらかというと文句の対象になったりするけど、
そのお陰で「チャイクロ」なんかも見つかったわけで。


そして、今日、
”私のベビー時”に使っていたスケールまで、元気な姿で
ウチの中から出てきたのは、かなり驚いてしまった。


hakari.jpg


母乳育児をしようと思うと、”母乳不足では?”と
しょっちゅう心配になってしまうので、
やはり、量りがあるに越したことはないと、
倉庫の奥から引っ張り出してきてもらったのだ。


#ちなみに、昔の布オムツもあったけど、がさつママは、
#完全紙オムツ派なので、登板機会はなさそうねぇ。



最近、抱きかかえるたび、ずっしりと、
「重くなったなー」感がすごいので、
早速、試しに、風呂上りにハダカで量ってみる。


目盛りは5キロを大きくオーバー!
10日前の検診で量った時が4360グラムだから、
それからも順調にきているみたい。
良かった、良かった。


あとは、まだ黄疸が残っているのと、
最近、乳幼児湿疹らしきものが目立つのが、
ちょっと気になるところだけど。

初めての育児だと、加減が分からないので、
色んなことが微妙に気に掛かるんだな。

*****************************

今日の一枚。

これは一体どういうシチュエーションなのでしょう?

papachu.jpg




ドコモポイント 答えは次回〜! 

posted by charles'wain at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

W杯目前に思うこと

突然だけど、
メロンとかスイカとかって、嫌いなんだよね。

あと、カニも嫌いー。


そう言うと、

「えーっ!人生損してるよ!もったいないのぉー」

と、よく言われるんだけど、自分でもそう思う‥。



おまけに、お酒やチョコレートもあまり好きじゃないんだよね。

これだって、その醍醐味、楽しみを理解できなくて、
人生を”リッチ”にする何かを逸している、
そんな気がしてならないし‥。

猫

何故そんなことが改めて気になりだしたかと言うと。


端的に言うと、この期に及んでも、
”サッカー”が楽しめないのだ‥!


この時期、街もメディアも、全てがワールドカップ一色に
染まろうと言う雰囲気で盛り上がる中、

「でも、サッカーって、何度か頑張ったけど、
やっぱり興味もてないんだよね‥」

と、全く波に乗れない自分を発見してしまうのだ。


学生時代から、急激にサッカーブームが起こった時も、
何とかその流行、時代の波に乗ろうと、
雰囲気にのまれながら、試合を何度か見に行ったけど、
結局は、全然印象に残ってないし、
試合よりも、合間の”ジャンクフード衝動買い&つまみ食い”
に喜びや楽しみを見出していたような記憶が残っているし。



皆が楽しめることを、自分だけ楽しめない、理解できないときって、
何だか無性に悲しい気分になりません??



ここ居るのは、ワールドカップよりも、
プロ野球交流戦や、大相撲夏場所に興奮している
時代遅れ娘一人‥。

#今、俄かに”把瑠都”に関心が‥。


そういうことを言い出したらきりがないのだ。


自分の好みを考えてみると、およそ、
「若い人が好きそうなこと」、
「最近流行っていること」、
「新しいこと」、
そういうことにどうもついていけていないような気がしてしまう。


中学時代、一生懸命ラジオを聴いてみたけど、洋楽もダメ。
高校時代、ファッション誌を買いあさったけど、すぐ飽きてしまった。

そんなことの繰り返しなんじゃ?


そんなわけで、この

「流行に乗りたいけど、根本的に受け入れられない体質、
何とかならぬものか」

という命題と、ずっと悶々と戦ってきたのだけど、
(悲しいかな)年をとるにつれて、だんだん”へーキ”に
なってきているのも、これまた事実のようで‥。


犬

そんな「諦めの悪い」自分にとって、画期的だったのは、
昨年、一気に吹っ切れる出来事があったこと。

それは、たまたま、福祉で知り合った近所のおばあちゃんと、
坂本冬美の話で意気投合していた頃。
たまたま、芸劇大ホールのチケットを2枚入手して、
おばあちゃんを誘って、冬美ちゃんのコンサートに出かけたのだ。

この年で、演歌歌手に講じるのは奇人か?と思いつつ。

でも、まあ、タダで入手していい機会だし、
おばあちゃんも連れて行ったら喜んでくれるだろうし、
そんな軽い気持ちで出かけた。

しかし、実際行ってみたら、
予想を遥かに上回る面白さ、感激、興奮‥。

帰り道でも、いつまでも、
お気に入りの曲のリフレインがやむことはなかったのだ。


心の底から、
「今まで色んな人についていった有名ミュージシャンの
どのライブよりも、面白かった!」
と思っている自分に気づいてしまったのだよ。


そう感じてしまうことに、軽いショックを覚えると同時に、
一種の”諦め感”から、完全に開き直りの境地にも達した、
そんな”一皮向けた”自分を見つけてしまったのだ‥。


そうなのだ。

人間、無理する必要はないのだ。

自分を偽る必要はないのだ。



っつーことでしょうか‥?


#んでもって、結論から言うと、
#6月は世間の波に乗れず育児三昧‥、になるっつーことでしょうか?
posted by charles'wain at 22:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

足が痛いんだけど‥。

1ヶ月と1週間が過ぎ、

 涙

を、流すようになったみたい。


お腹すいたー!(うぎゃああー!!)と泣き喚く時に、
ウルウル目に涙をいっぱいためる姿は、
ちょっと切なくて、可愛かも‥。

#んでも、泣き喚かれる時は、あまり
#「可愛い」とか思う余裕ないけど‥。


授乳中も、おめめの横に、
涙がツツーっと伝ったあとが見えたりするのだ。
これまた、ちょっと、切ないなぁ。
でも、飲み方はやんちゃで、可愛気ないというか、
ホント落ち着きないんだから‥。

#がつがつ飲んで、むせて、苦しくて大泣きして、
#おっぱい探して空振りして、騒ぎすぎてしゃっくりが出て‥と
#いう具合で、いつも”大忙し”だものねえ‥。



犬

相変わらず、ベッドにおろすと、すぐ泣き出すんだけど、
人様があぐらをかいたひざの上だと、
変な格好になるのが逆に心地良い(?)のか、
スヤーっと寝入ったりしてくれる。


右ひざ枕バージョン。


migihiza.jpg


左ひざ枕バージョン。


hidarihiza.jpg


良く見ると、口の上下が微妙にずれてる‥。
しょっちゅう、こんな風になっているけどいいのかなぁ。

kuchimoto.jpg


変なのー。 



犬

何はともあれ、早、生後40日。
母乳育児が順調なことは何より。わーい(嬉しい顔)

出産に関しては、無痛にも全然抵抗なかったくらい、
特別”自然”というキーワードには拘らなかったのに、
産後は、うってかわって、

 できるだけ自然派育児を‥♪ 

みたいな志向が、突然出てきたみたい。


ばぁば様が、授乳に良い健康食を、
毎食丁寧に作ってくれるのが非常にありがたい!
お陰で、食事の時間が楽しみだし、
産後ママの体調もバッチリだし♪
とにかく、母乳の出もベビーちゃんの飲み具合も、順調、順調。


そんなわけで、ベビーちゃんは、
飲みすぎてむせたり吐いたりもしょっちゅうだし、

→だから洗濯が大変なのだあーっ! 

この時期になっても、
一日のうんちの回数が10回をくだらないし、おしっこの量も多いし、

→だからオムツ替えが大変なのだあーっ!

とにかく、いろんな面で、
「手の掛かる!」ベビーちゃんだこと!


それにしても、
妊娠前は、「ノーブラでもいける♪」と有名なぺチャパイで、
切迫早産の恐れから、妊娠中は、
おっぱいマッサージも禁止されていたし‥。

最初の頃は、そんなんで母乳出るのかいな?と思ったけど、
入院中に、お乳を与え始めたら、
突如さらに巨大化するし(苦笑)、パンパンに張って眠れなくなるし、
入院中、毎日せっせと物資支援に活躍してくれていたばぁばも、
「産後2,3日目から、俄然大きくなって、かなりびっくりしたー!」
と言う程、今は”大きく”なっているのだ。

#もとが小さかった(というか、”なかった”)から、
#2カップ以上は大きくなったんではないか‥という声も。
#まあ、”期間限定”ですがねぇ‥(苦笑)。


そんなわけで、母乳育児が順調なので、
調子に乗って、
「母乳の出をよくするハーブティー」なぞにも
手を出してみちゃったよ。

mamablend.jpg

普段、あまりハーブティーが好きではないのもあって
最初は躊躇していたんだけど、
無料サンプル取り寄せて、試しに飲んでみたら、
不思議、”美味しいー”と思ったんだよね。

すでに今日だけでも3杯も飲んでしまった。

ブレンドの内容は、ルイボス、フェンネルシード、
ラズベリーリーフ、ローズヒップ、ネトル、など。
とにかく美味しくて、これはお勧めかもー!

これからしばらくは、ハーブティーにも嵌りそうだわー。

*******************************

今日の一枚は、「おおあくび」編。

akubi.jpg

これもひざの上でお休み中のショットなんだけど、
こういう寝方をされると、
ママはお茶もいれられないし、
トイレにもいけないし、
足もすごくしびれて痛いし、
ちょっと困るんだけどなぁー!

分かってんのかなぁ‥?!
posted by charles'wain at 17:19| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

チャイクロとスキャリーおじさん

出産以来、退院以来、
できるだけ、プラス思考で、前向きに、
目の前の”事象”を捉えようとはしているんだけど。


それでも、やっぱり、
投げ出したくなる程ではないけど、
目の前のベビーちゃんを相手に、
”イライラ”、”ムカッ”という感情を覚えることは、
思っていたより、多いんだよね(苦笑)。
もう少し、楽に乗り切れるかなとか思ってたんだけど、
うーん、ちょっと、甘かったかなあ。
自分の実力の程を思い知らされたというか‥。


育児は、身体的疲労が溜まるのは言うまでもなく、
想像以上に、精神的疲労というか、ストレスを感じることが
多いなあ、と既に1ヶ月で実感しているのは、事実。


最近お気に入りの豆乳と、ペットボトルのお茶(ブレンド茶系!)と、
口寂しい時にほおりこむちっちゃなキャラメルやらガムやらラムネやら、
そんな”好物”を口にすることで、適度に気分転換しながら、
”イライラ感”を”のがしている”と言う感じ。
最近、これらの小道具なしでは、
授乳&お世話を乗り切るのが難しくなっているかも‥。


時に、妊娠中、
「できれば、男の子がいいなあ」
なんて思っていた自分は、”浅はかだった”、”甘かった”、
感じることすらあったりして。


いやあ!
ホント、「育児は大変!」というのは、嘘じゃないよ!(笑)

2人以上の子どもをもうける場合に、
「よく、もう一度、あのお産の痛さに耐える気になるよね」
なんて言われるけど、寧ろ、
「よく、もう一度、あの育児の大変さに耐える気になるよね」
とでも、言いたくなってしまう。


昼夜を問わず、理由も分からずに泣き喚くし、
しょっちゅう吐くし、
手足バタバタ、オムツはずらすし‥。
抱いてあげていないとグズグズがずっと続くし‥。


まあ、でも、今は一番大変な時期だろうし、
これから成長していけば、
表情やアクションも豊かになって、
また喜びや驚き、楽しみも増えていくだろうし。


誰しも経験して、乗り切っていることだし。
‥ボチボチ、鍛えられながら、がんばろーっと。るんるん



最近は、暴れる時にそれなりの力もついてきて、
機嫌の悪いときは、おっぱいやら、ママの服やらを
むぎゅーっとつかんだり。

hipparu.jpg


今日も、バタバタ泣きながら大暴れして、
ママのめがねをふっとばしちゃって、
思わず、「きゃあ!」とか、声出しちゃったもん‥。


*****************************

それにしても、出産と育児を経験すると、
特に里帰りしながらだと、
「親のありがたさ」を改めて、ひしひしと感じるものだなあ。


散々、心配してもらったり、
手伝ってもらったりというのはもちろんのこと、
自分が、どのように育てられてきたかという
記憶をたどったり、また物心付く前の話を聞いたり、
そういうことの全てが、今までにないくらい、
親の存在のありがたさなんかを、思い知らしてくれる。


それで、自分の子どもの頃の話をしていて、
とても気に入っていた本の話になって。


有名なブックローンのやつ。

http://www.live-lock.com/itiran.htm

中身をひらくと、今でも、そのイラストやら文章やらを
覚えているくらい、繰り返し読んでいた。飽きるほどね。


booklone1.jpg

ところどころに、カラーペンやクレヨンでの落書きも発見。

booklone2.jpg

#今になって、大人になって、
#「チャイクロ」の意味がようやく分かった‥。
#呪文とか、ニックネームみたいなものだと思ってたけど。



久し振りに再会して、嬉しくなっちゃったし、
思わず、一通り読み返しちゃった‥!
やっぱり、内容がいいというか、
いまだに新鮮だし、楽しいし、
大人が読んでもワクワクするくらいね。


決して安くはないシリーズだけど、
弟も私もすごく気に入っていたし、両親も
「元はとっているから満足」
なんて言っていた。
たしかにそうかもね。


とりあえず、”お家”にお持ち帰りして、
いつか、読み聞かせてあげたいなあ‥。
わーい(嬉しい顔)

*****************************
もうやだ〜(悲しい顔)
ベビーちゃん。

あんまり泣き喚くので、ついに、
なきボクロができちゃったよ‥!


060515_143109_Ed_M.jpg


と言うか、前に自分でつくった引っかき傷を
また掻いちゃったみたいで、
ちょっと血が出てしまったのだね。


また、パパに爪を切ってもらわなきゃだねぇ。
posted by charles'wain at 23:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

また”ヤラレタ”よ‥

雷

”災難”は、忘れた頃にやってくるのね‥

furo.jpg

久し振りの鮮やかな「Color湯」で、
ベビーちゃんも、さぞ気分が良かったことでしょう。たらーっ(汗)


前回の苦い経験から、それ以来、
毎回の沐浴では、予め
”予備風呂”を用意しておく習慣がついたので、
今回もそちらに即座に切り替えることで、
それ程焦らずに、うまく緊急対応できたけど‥。

yobihuroi.jpg


ふらふら

そうなのよ。

「沐浴中に、うんちやおしっこをされないようにするには?」

ということを、あれから色々あたってみたんだけど、
結局、有効な予防策なんてなくって、
事後対応をスマートに行うに尽きるみたいで‥。

大人風呂で、一緒にはいるようになってから、
こういうことをやられるときが、怖いなあ‥。がく〜(落胆した顔)


*******************************

今日は、1ヶ月借りたチャイルドシートの満期日。

わけあって、今日は、めずらしく、
アカチャンホンポへのお買い物に一緒に連れ出してみたのだ。

狭い場所が好き&自動車で適度に揺られる感覚が好き(?)
という理由なのか確信はないけれど、
ベビーちゃんは、今日もスヤスヤ‥!

childseat.jpg

揺れるハート
posted by charles'wain at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

お宮参り

ベビーちゃんのお宮参り。

に行きたかったんだけど、あいにくの雨、雨、雨‥。


とりあえず、せっかくの記念なので、
写真だけは撮りに行ってきた。


おじいちゃん、おばあちゃんたちも一緒の記念が
残せて、大満足‥!


その後、また一日、
のんびりと、パパに面倒を見てもらっちゃった。


理由はうまく説明できないけど、
それでも曖昧なままでも全然構わないんだけど、
パパとベビーちゃんが仲良くしているのを見るのは、
ホントに幸せな気分。

あんまり泣き喚かれると、
同じ対応の繰り返しに少し疲れてくると、
テンションが低くなることもあるんだけど。

でも、この光景を見てると、そういうものが
全て吹っ飛んじゃう感じがするんだから、
何か、不思議だよなぁ‥。

ベビーちゃんも元気、パパも元気、
家族みんな元気で仲良し♪
という”シンプル”なことが、こんなに嬉しいなんて、
気づかなかったと言うか、想像もしていなかったと言うか‥。
パパも、ベビーちゃんも、ありがとね。


育児の幸せと言うか、赤ちゃんの居る暮らしの幸せは、
うまく言葉では説明できないような気がするけど。

確実に分かるのは、「出産」を経ると、
新しい仲間を”家族”として迎え入れると、
”家族の恵みのありがたさ”のようなものを、
しみじみと感じるようになる、ということかなあ?


そんなわけで、
池袋に戻って、”3人での生活”が新たにスタートする時が、
楽しみに思えたりするのだ。


******************************

この時期の赤ちゃんでも、筋肉の緊張が緩む状態が
”笑っている”ように見えたりするらしい。


smile2.jpg smile3.jpg

寝ているとき、たまに口元が微妙に緩んだり。



smile4.jpg

気分のいいとき、抱かれているとき、
「ニヤー」「二へラー」と言うかのような表情を見せたり。




面白いよなあ。
かわいいよなあ。
posted by charles'wain at 22:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

育児雑感の補足?

前回、仕事と育児ネタを書いたときに、
ちょうど「少子化問題」についての大前研一の
コラムが、メルマガ配信された。


タイミング良いので、一部、抜粋してみるぞぅ。


最近の価値観にクエスチョン、と言う辺りは
思っていることとだいたい同じなんだけど、
その解決方法として、「価値観の教育!」と
はっきり言うところがちょっと新鮮だった。


―――――― 以下 抜粋 ――――――

●「子どもを産んで育てる」楽しさと意義を伝える教育を

(中略)

まずは少子化問題ですが、減り続けている15歳未満の子ども達は、
あと10年もすればいわゆる結婚適齢期となります。
しかし未婚率、離婚率は軒並み高まり、
さらに結婚しても子どもを産まない、
産んだとしても一人といった世帯が増えている状況です。

では、なぜ子どもを産まないのでしょうか。

その理由は、生活費や養育費などがネックになっていると
いわれていますが、私はもっと根本的なところに
問題があると思います。

以前は日本でも、子どもを産んで育てていくことは
楽しいことであり、意義のあることだという共通認識が
少なからずありました。

しかし今は「生きがい」も多様化しており、
人生を楽しむ目的は別のことにベクトルが向きはじめています。
「子どもを産んで育てる」ことの優先順位が
低くなっているのです。

この状況を変えるためには、付け焼刃の対策では
どうにもなりません。価値観を変える、
すなわち親や学校、社会が、子どもを育てることの楽しさと
意義を教育していく必要があります。

もちろん成果が出るまでには、多大な時間を要することですが、
価値観まで立ち戻って考えるべき問題なのです。

もちろん、価値観を育てる教育の実践を前提とした上で、
国からなんらかの補償もあってしかるべきだと思います。
北欧の一部地域では「子どもを国が育てる」、
つまり育てたくなければ、国に預けても構わないといった制度を
敷いているところもあります。

それらの地域では、教育が行き届いているため、
実際には育てたくない意思を示す親の絶対数は少ないのですが、
日本のように「産む行為」と「育てる行為」、
双方が親の責任というわけではないのです。

もしかすると、これまで疑う余地のなかった
「子どもは親が育てて当たり前」という常識すら
取り外して考えるべき時期に、今の日本は差し掛かって
いるのかもしれません。

また、スウェーデンやフランスなどは教育を施した上で、
1人より2人、2人より3人産む方が明確に優遇されるというような
仕組みを敷いてます。

かたや日本の補償は、そこまで到達していません。
補償以前に、個人資産の構造が、経済にまで
影響を及ぼしているのです。

――――――― 抜粋おわり ――――――



国家的に、子育てに対して、制度面、資金面の
支援の取り組みを‥という主張は、
これまでも繰り返し言われていることだし、
実際、「国も色々と、頑張ってるんですよー」ということも、
それなりにアピールされているような気がする。
そういうニュースや特集番組なんか、良く目にするもの。



以前、家族で、
「なぜ北欧は充実した福祉を行えるのか?」
と言うことを超テキトーに、勝手に議論したときのこと。

アメリカや日本、その近所のアジア国なんかは、
”目指せ一番!”、”追いつけ、追い越せ!”
と言うスタンスだから、どうしても
経済優先、弱肉強食、小さな政府‥
みたいな方向に進まざるをえないけど、
いくつかのヨーロッパの国は、はなから、
「別に、他の国と競わなくったって、
一番じゃなくったっていいもんねー」
という開き直り&マイペースなところがあるからでしょう、
なんて話が出たりしたんだっけ。



**********************************

モバQ

今日のセレクションは、「お腹すいたんだけどー!」。

ベビーちゃんは、お腹がすくと、激しく泣き喚くと同時に、
指しゃぶりにはじまって、
身近にあるものをベロベロ舐め始めるのだ。


自分の指をチュッパチュッパ。

yubisyaburi.jpg


近くからころがってきたお人形さんまで舐め舐め。

kumasyaburi.jpg


「ママーっ!!

暢気に写真なんかとってないで、

早くちょうだいよぅーっ」



って叫びが聞こえてきそう‥。
posted by charles'wain at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

平日なのに‥

昨日行った小児科&産院では、基本的に、
1ヶ月検診は、産後検診と同日に行なうので、出来れば、
ベビー+ママ+付添い人
で来院するのが望ましいとされている。


昨日は、週半ばの水曜日だけど、
GW明けて間もないということもあったのか、
男の人の姿を良く見かけた。


待合室を見渡してみると、およそ

ダンナ同伴:ばぁば同伴:ママ単独=4.5:3.0:2.5

くらいの比率に思われた。


そうそう。

1ヶ月前の入院の時も、不思議だったのだ。

思った以上に面会時に、ママのヘルプとして
ダンナが出入りしている場面が多くて。

「えー。平日じゃないの?会社は???」


昨日だって、わざわざ付き添っているパパに限って、
ミルク作り、オムツ替え、あやし、etc.
めちゃくちゃ率先して取り組んでいる姿が目に付いて。

昔は、滅私奉公じゃないけど、
とにかく、会社のため、日本社会のために、
家族と自分を犠牲にしてまで働き”尽くす”のが
美徳、みたいなイメージがあったような気がするけど。

 ♪黄色と黒は〜勇気のしるし
   24時間働けますか〜
    ビジネスマ〜ン ビジネスマ〜ン
     ジャパニーズ ビジネスマ〜ン



今、家事や育児に積極的なオトコの人が、
だから女々しいとか、そういう見方は
少なくともされなくなってきているしね。


「最近は、時代が変わったっつーもんかなぁ」

なんて、思ってしまった。


でも、なあ。
休日出勤して、平日休むような仕事なのかな?
家庭の事情‥というとカンタンに休める職場なのかな?



だって、ちょっと前の私だったら、まず、

「家庭の都合のために、会社に迷惑かけるなんてー」

という発想以外には、ありえなかった気がする。


確かに、昨日の検診にしろ、入院生活にしろ、
男手のヘルプがあれば、随分楽になる!というのは確か。
何の事情も無けりゃ、そりゃー手伝ってもらいたいと言うか‥。


でも、「会社休んでよー」なんて、とても言えないでしょ。
と言うか、諸々の事情を考えたら、そもそも言う気しないし。


例えば、その理由として、まずは、

「せっかくパパが一生懸命働いている仕事を中断させたくない。
熱中しているところ、軌道に乗っているところに水を差したくない。
集中して取り組んで欲しい」

という思いがあるし。

それに続いて、

「家庭のために会社休むことで、周りから冷たい視線で
見られたりしたら申し訳ないし‥。
会社での立場もあるし‥」

とも考えてしまうのも当然か。

だいたい、私がオトコだったとして、
やっぱり、「プライベートな家庭の云々」よりも、
「経済的、社会的、在籍している企業にプラスになる何か」に
従事しているほうが”意義がある”こと、”エライ”ことのように
感じるはずだもの。


そこをヨメから休んで手伝って!と言われたら、
社会が分かってないなー、会社が分かってないなー、
オトコの世界は大変なんだぞー、
とか言ってそうで‥。


核家族化が進んでいるんだから、できれば、
”パパ”が、男性が、育児関連に
もっともっと関われればいいんだろうけど、
少なくとも、日本の企業の雰囲気は、
それを全然歓迎していないような気がする。


家庭のために会社を疎かにする‥と周りから受け取られて、
どうしても肩身の狭い思いをせざるを得なくなっちゃうし、
極端な話、その分、社会に貢献していないとまで
言われてしまうかもしれないし。


難しいなぁ。
イロイロ、理想と現実のギャップもあるしなぁ。


それは、”子持ちママ”が働くときの難しさも同じこと。


せっかくの可愛い我が子。
できるだけ自分の手で愛情もって育ててやりたい。
と誰しも思うでしょ。


そして、その一方で。

「人間生まれてきた以上、打ち込める仕事を持つべき」
その通りだと思う。

「社会も変わってきて、生活も便利になってきたのだから、
専業主婦で有る必要はない」
そうだと思う。

「女性も男性と同じく、生き生きと”社会”で活躍すべき」
そうでしょう。

と、なると。

家庭と仕事のバランスをとりながら、
”ママ”と”企業人”とのバランスをとって、立派に両立させるべし!
みたいな方向に落ち着くんだけど、
そのバランスの取り方が難しそうなのよ‥。
皆が皆、うまくやっている人と同じような環境に恵まれるとも限らないし。

また、「働きたい”」という”ママ”だって、
子どもが極端に病弱だとか、親の介護をしなきゃいけないとか、
それどころじゃない状況にある人だっているだろうし。


世間の出来上がった価値観との戦いみたいなのもあるかも知れない。
そして、家族の幸せ、自分の幸せって何だろう‥みたいな
大きな問いを考え始めたら収集がつかなくなっちゃうし‥。


いずれにせよ、今回何となく思ったのは、
大きな社会の枠組み、企業社会、経済優先主義みたいなものは
なかなかそう大きくは変わらないと思うけど、
個人レベルでの価値観とか、捉え方、微妙な社会の空気は、
ちょっとずつ、変化してきているような‥、
そんな気がする、ということ。


何はともあれ。

少なくともあと1年近くは、
とことん、育児を、”楽しませて”もらいますようーっ!!わーい(嬉しい顔)
posted by charles'wain at 12:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

1ヶ月検診

晴れ

待ちに待った(?)1ヶ月検診。

”クルマ”に乗るのは、退院日以来、
3週間ぶり2回目となるベビーちゃん。


行きも帰りも、車の中ではスヤスヤー。

odekake.jpg


今日は、ベビーちゃんの1ヶ月検診と、ママの産後検診とで、
半日まるまるかかった大仕事になっちゃったけど、
その間中、ほとんど”おばあちゃん”に抱いてもらいっぱなしで、
あまりグズることもなくて、ホント、助かったー!

どうも、お世話になりましたです! わーい(嬉しい顔)


#ベビーちゃんもだいぶ重くなったので、
#肩やら腰やら相当痛くなるはず‥。
#いつか、飛切りの(?)マッサージ用品でも献呈するので‥。 
(言いたいのはコレか?→これからもよろしくです‥ふらふら )


犬

初めての大々的な外出だったからか、
序盤戦で注射やらお腹減ったやらで大泣きしたからか、
イロイロと騒ぎ疲れたんだろうけど、
当のベビーちゃんは、午後の間、殆ど寝ててくれて。
おかげでだいぶ楽だった‥!


子どもクリニックから出る前と、
ママの産後検診が終わった婦人科を出る前に、
2回おっぱいを飲ませ、
その後も特にぐずることはなく、
そこそこ順調な”初の長時間おでかけ”が、無事終了。

オムツ替え2回も実に順調だったし‥。

産院には、オムツ替えシートもゴミ箱も備え付けられていたので、
意気込んで持っていった「オムツ処理袋」の出番はなかったけど。


次回のビッグなお出かけ、”お宮参り”のときも、
このくらいスムーズに、事が運ぶといいな。ハートたち(複数ハート)


ドコモポイント

さてさて、1ヶ月検診のサマリ。

体重、身長増加はまずまず。

純粋母乳での栄養状態、健康状態も良好で、
一日あたり61g増とのこと。
#平均30gとか聞いてたけどなあ‥。


ちなみに、日本の赤ちゃんの生後1ヶ月の平均頭囲は、
36.9cmというのをどこかで見たけど、
うちのベビーちゃんは、出生時が34.0cmで、
今回測ったら、38.0cm‥。

というわけで、今のところ、
頭は平均よりやや大きめサイズのようで。


先天異常の検査も特に問題なし。
良かった、良かった!


ぴかぴか(新しい)

そして、手の痕が少し痛々しいけど‥。

tyusya.jpg

泣きながらも、よく出来ました!よく我慢しました!わーい(嬉しい顔)


お楽しみ(?)の血液型検査だけど‥。


bloodtype.jpg


ありゃま。目

ママがちょい苦手なタイプ、 B型 でちゅか‥。


  そうでちゅか‥(苦笑)。 たらーっ(汗)


ちなみに、ママの父母、親戚辺りには、
面白いくらい、この血液型がいないのよね。
ほとんどがA型かO型らしい。
なので、ある意味、新鮮がられていたり‥。


そんなベビーちゃんに、ママからのプレゼント。

舶来モノのベビー服をネットで買って、
我が子にあげるのに、わざわざ無料ラッピングを
頼んでしまったよ‥。

babysown.jpg


「1ヶ月、おめでとう!!」バースデー


*********************************

あまり「可愛いー」とかプラスのお言葉をいただかない(!)
ベビーちゃんだけど(いいもんねー!)
かろうじて、よく言われる(褒められる?)のが、
「ホント、お鼻が高いねー!」
ということ。


”横顔”に対する評価はまずまずってことね。

今日も、あぐらをかいたママの膝の上で一休み‥。

yokogao510.jpg

おやすみなさーい! ドコモポイント
posted by charles'wain at 22:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

今、欲しいモノ‥!

かわいい

それにしても、母乳育児の情報を探していくと、
興味深いと言うか、奥が深いと言うか‥。


「MOTHERESE」

言葉が話せない赤ちゃんへの語りかけ。
情緒や身体の発達、免疫機能の発達に
影響を及ぼすとか。


マザリーズのポイントは、
 テンポはゆっくり
 優しく
 声は高め
 抑揚をつける
 短い言葉を繰り返し話す

などなど‥。

せっかちママ、育児でちょっと疲れているママとしては、
どうしても精神的余裕がなくなりがちなので、
「ゆっくり」とか「やさしく」とか「くりかえし」というあたり、
疎かになりそうだけど、
だからこそ、特に意識しなきゃね。



「美味しい母乳のための食べ物」

甘いもの、油っこいもの、刺激の強いものがNG!
と言うのは分かりやすいけど、

じゃあ、逆に、
何を食べればいいの?


と言う辺りも、色んな情報があるみたい。


例えば‥、

白米/うどん/そば/そうめん/胚芽米食パン/
豆腐/味噌/豆乳/鶏肉/卵/白身魚/イワシ
わかめ/昆布/ひじき/根菜類/
番茶/麦茶/ほうじ茶/ハーブティー


なんかが挙げられていることが多い。


とにかく、野菜の煮物が良い!とか、
できるだけ水分をとるように!と言うことは、
あちこちでよく目にするので、実践しよーっと。るんるん


猫

soine5.jpg


一応、「自律授乳」をモットーにしているので、
基本的には、泣いて欲しがったらあげるんだけど、
今日は、朝から1、2時間おきに泣きっぱなしで、
ホント疲れたー。


前に、ベビーちゃん向けのオルゴールや
リラックス系DVD/CDの類を探していたとき、

「ピタリ泣きやむ魔法のスイッチ DVD」

「赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書」


なんて類のモノがたくさん存在することに気づいてしまった。

#何て”attractive”なネーミングなんでしょ。


相当泣き喚かれて、
何をしても泣き止まなくて、
ぐったり、ヘトヘト、疲労困憊‥
なんて状態になっている時に目にして
思わず勢いで購入しちゃう人も多いんじゃない?



犬

今日も、朝から頻繁に泣き続けられて、
いい加減疲れがたまってきて、
たまたまベビーちゃんが寝入ってくれた夕方に、

「やったー!今こそ、昼寝するぞー!!」

と、ベビーちゃんのとなりで熟睡するも、
1時間後には、しっかり、たたき起こされたしねぇ‥。


そうなのよね。

ベビーちゃん生後しばらくの間のママの悩みは、
「まとまった睡眠ができない」
と言うことかな。


寝て起きて‥の繰り返しで、よく夢も見ていて、
どうも眠りが浅い気がするし‥。

#その夢っちゅうのも、たいていはベビーちゃんが
#出てくるから、ホント、24時間一緒に居る感じ‥(苦笑)



今、仮に、どこかにお参りに行って、
何か欲しいものをお願いしてみて!と言われたら、
きっと、迷わず、

「3時間以上の連続した深い睡眠!!」

とか、言ってそう‥。



******************************

今日のベビーちゃんは、これ!

おっぱいをたらふく飲むと、
そのまま満足気に、ママの腕の中で眠ってしまうんだよね。

oyasumi.jpg


このままベッドに運んだとき、
そのまま眠り続けてくれればいいのに、
何故か、ベッドに置いたとたんに、
”聞き分けの悪い子”になっちゃうんだから‥。 ふらふら


でも、
「かまってー、かまってー」
みたいな扱いされているうちが、ある意味幸せなのかな‥?
posted by charles'wain at 22:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

マザーズバッグGET!

ハートたち(複数ハート)

mathersbag.jpg

今日は、ママが「マザーズバッグ」をプレゼントしてくれた!

欲しいなあー

買いに行く暇ないなあー


なんてぶつぶつ言っていたものだから‥


でも、ベビーちゃんと一緒生活にワクワク気分♪の今、
本当に嬉しいー。わーい(嬉しい顔)


一ヶ月検診も明後日に控えて、もう、早くベビーちゃんと
一緒に外出したくってしょうがない気分。


本来なら、母の日で、私がプレゼントしなきゃいけないと
思うのだけど‥。

とにかく、ここ2ヶ月の間、精神的にも金銭的にも
お世話になりっぱなしなので、
ベビーちゃんが落ち着いたら、追々、何らかの形で
お礼はしたいなあ。

#実際、里帰り出産って、こんなにも多大にお世話に
#なってしまうものとは‥それはホント想像以上だった!


そういう意味では申し訳なさとかは感じるけど、
産んだ本人からすれば、やっぱり楽であることは確か。


食事を作らなくていいのに始まって、家事が免除されるので
その分体が休まるし、
時々育児を代わってもらえることで精神的にも休まるし。


それに、何といっても、新生児に翻弄されっぱなしの間、
日中、話し相手がいることは、本当にありがたい。
アドバイスも受けられるし、心配事を打ち明けることもできるし、
”大人”で何でも話せる相手がいることは、
育児ノイローゼとか、マタニティブルーとかに陥らない
大きなプラス要因に働いているのは間違いないと思う。


ホント、親の存在には、感謝しなきゃね。 揺れるハート



犬

そうそう、前のエントリで、
かなりインパクトの強い画像を掲載したことで、

「これじゃ、いっぱしの関取だねぇ」 

と、”おじいちゃん”にも言われてしまった‥。



猫

おまけに、私は、聞いてしまったのだ!

今朝、朝ごはん時、私に代わって
ベビーちゃんをあやしてくれていた”おばあちゃん”が、

「よしよし、大福くん、今日もいい子だねー」

と、笑顔で話しかけているのを。がく〜(落胆した顔)


#だ、だいふく‥くん?!




結局、みんな好きなように呼びやすいあだ名をつけるらしい‥。


黒ハート

それにしても、赤ちゃんっていうのは、
ホント、人に抱かれていると安心するのね。


ベビーベッドであおむけにねるよりも、
窮屈そうな姿勢で、人間の肌に触れているのが、
好きなんだなーということを、実感したと言うか。

それだから、結局、
「手が離せない」とか「手が掛かる」と言うことに
なってしまうんだけど、
それも今のうちだけだし、
可愛い寝顔が見られると思って楽しまなきゃね。


”おばあちゃん”に抱かれているときのベビーちゃん。

dakko-baba.jpg


あぐらをかいた”ママ”の膝の上にいるときのベビーちゃん。

dakko_mama.jpg


かわいい

思い返してみれば、
男勝りで下膨れの”大福くん”も、
ちょうど一ヶ月前の生まれた頃は、
こんなに健気な雰囲気だったんだよねー!


sinseiji.jpg



だいぶ成長したよなあ。


退院したての頃に比べると、
しょっちゅう吐き戻すということはなくなったし、
割とまとまって寝てくれるようにはなってきたし、
かなり楽になってきたような気がする。


まあ、それでもわけもなくグズられると、
特に、眠くてしょうがない時、疲れている時なんかは、
さすがに途方に暮れるけどね‥。ドコモポイント


********************

今日の一枚。ぴかぴか(新しい)

まだ一ヶ月なんだけど、
やっぱり「たくましそうな男の子」の感じがしちゃうのは
ママだけではないはず‥。

giant.jpg

モバQ
posted by charles'wain at 20:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。